Posted at

Kubernetes Applicationsを使って、GKE上にPrometheus + Grafanaを簡単構築


Stackdriver Monitaringが使いにくい

GKEのモニタリングには、デフォルトでも利用できるStackdriver Monitaringを利用される場合が多いかと思われます。私もしばらくはStackdriverを使っていたのですが、以下のような不満があって別の方法を検討しました。


  • 動作がとても重い

  • メトリクスアラートが想定通りに動作しない

  • GCPのダッシュボードと統合されてない


Kubernetes Applicationsで簡単にPrometheus + Grafanaのモニタリング環境構築

GKE上に自分でモニタリング環境を作るのは大変かと思っていたのですが、Kubernetes Applicationsを使うことで、とても簡単に実現できました。

手順としては、GCPのダッシュボード上でKubernetes Engine -> Applications -> Marketplaceからデプロイと進んで、一覧からPrometheus & Grafanaを選択して構成ボタンを押します。そして、必要ならば設定項目を変更した上で、デプロイボタンを押します。

基本的にこれだけで、GKE上にPrometheus + Grafanaのモニタリング環境が構築されます。


Grafanaを外部公開する

あとは、以下の手順をベースにしてGrafanaを外部公開します

https://github.com/GoogleCloudPlatform/click-to-deploy/blob/master/k8s/prometheus/README.md#access-the-grafana-ui

Kubernetes Applicationsのデプロイで生成されたServiceを、各々の環境に合わせてアクセス可能にしましょう。