RstudioでRパッケージを作ってみる 1 ~自作関数を実行~

  • 11
    Like
  • 0
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

目次

  1. RstudioでRパッケージを作ってみる 1 ~自作関数を実行~ - Qiita
  2. RstudioでRパッケージを作ってみる 2 ~マニュアル作成~ - Qiita
  3. RstudioでRパッケージを作ってみる 3 ~パッケージ配布~ - Qiita

はじめに

Rをある程度使ったことのある方なら、パッケージを導入したことがあるかと思います。

require(ggplot2)
library(dplyr)

このパッケージ、実は自作も可能ってご存知でしたか?
今回はRstudioを使ってパッケージをお試しで作ってみようと思います。

パッケージを自作

まず、RstudioのFileメニューからNew Projectを選びます。

1.png

New directoryを選択します。

2.png

R packageを選択します。

3.png

Package Nameを入力します。ここではHelloWorldとしました。

4.png

Create Projectを押すと、パッケージの作成画面が開きます。

5.png

  1. パッケージの中身が表示されています。
  2. Buildペインで、パッケージのビルドができるようになっています。

ここで、既にHello worldを表示するプログラムが出来上がっていますが、このままでは面白くないので一捻り加えましょう。

hello <- function() {
  # Hello world を10回表示
  for(i in 1:10){
    print("Hello, world!")
  }
}

ここで、BuildペインのBuild & Reloadボタンを押すと、ビルドが始まります。Consoleに> library(HelloWorld)と表示されるはずです。作成されたパッケージがRに読み込まれました。さあ、hello()とタイプして関数を起動してみましょう。

> hello()
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"
[1] "Hello, world!"

無事パッケージ内の自作関数が起動されました。

次回はマニュアルの執筆について書きます。それでは!