Article information
RevisionsShow article in Markdown
Help us understand the problem. What are the problem?

This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

posted at

updated at

VirtualBox × Ubuntu × Intel Mac(Linuxの勉強をしよう、sshつき)

仮想環境とは
仮想環境の例(VirtualBox)

Ubuntuのisoイメージのダウンロード

下記のリンクにあるUbuntuのデスクトップ版のisoイメージをダウンロードする。こだわりがなければLTS(Long Term Support)版のisoイメージをダウンロードすることをおすすめする。"ダウンロード"をクリックすると保存先を指定するためのダイアログが出てくるので、指定するとダウンロードが開始される。この際、ubuntu-バージョン名-desktop-amd64.isoがダウンロードされていることを確認する。3GB程度のファイルなので、ある程度の強さのWi-fi環境でダウンロードすることをおすすめする。

Virtual Boxのインストール

VirtualBoxについてはHomebrewによってインストールすることができる。最新版に対応しているみたいだが、詳しくはHomebrew Formulaeからバージョンを確認して欲しい。また、インストールコマンドは下記となる。

% brew install --cask virtualbox

インストールに失敗する場合は、「システム環境設定→セキュリティとプライバシー→一般」と進み、ダウンロードしたOracle製のアプリケーションの実行許可をする必要がある。また、「システム環境設定→セキュリティとプライバシー→プライバシー→アクセシビリティ」からアクセス許可もする必要がある。

仮想環境の作成

Virtual Boxを起動し、"新規"というところから仮想環境の作成を行う。いくつかのダイアログが出てくるので、下記のように順に設定し、作成する。

  • 名前とオペレーティングシステム
    • 名前
      • 任意の名前だが、自分はUbuntuにした
    • マシンフォルダ
      • 任意のフォルダだが、自分はデフォルトのままにした
      • デフォルトは~/VirtualBox\ VMsとなっている
    • タイプ
      • Linux
    • バージョン
      • Ubuntu(64bit)
  • メモリーサイズ
    • 必要量を確保する
    • デスクトップ版の推奨システムが4GBだったので、4092MBにした
    • デフォルトは1024MBとなっている
  • ハードディスク
    • 作成方法の選択
      • 初めてVirtualBoxを用いるので、「仮想ハードディスクを作成する」を選んだ
      • すでに仮想ハードディスクを作成している場合は「すでにある仮想ハードディスクファイルを使用する」でも可
    • ハードディスクファイルタイプ
      • 特に変更する理由がないので、VDIのままにした
    • 物理ハードディスクにあるストレージ
      • パフォーマンスは必要ないので、可変サイズのままにした
      • 可変サイズだと最小限のみのストレージ消費
    • ファイルの場所とサイズ
      • 場所
        • 任意の場所だが、自分はデフォルトのままにした
        • デフォルトは~/VirtualBox VMs/Ubuntu/Ubuntu.vdi
      • サイズ
        • デスクトップ版の推奨システムでは25GBが空き容量なので、25GBにした

Virtual Boxの設定

ネットワーク

NATからブリッジアダプターへ変更(なんで?)

ストレージ

「コントローラー:SATA」または「コントローラ:IDE」にダウンロードしたUbuntuのisoイメージを選択して追加する。

(これの違いについても触れる)

起動時に追加できるはずが、自分の環境では追加できなかった。

Ubuntuの設定

  • 言語選択
    • 日本語
  • キーボード設定
    • Japanese-Japanese(Macintosh)
  • アップデートと他のソフトウェア
    • インストール方法は最小インストール
    • その他のオプションはどちらも選択して問題ない
    • 最小インストールを選択してEnter
  • コンピュータにインストールされたOSは見つかりませんでした
    • ディスクを削除してOSをインストールを選択してEnter
  • 地域の選択
  • 情報の入力
    • 適宜入力する
    • 自動ログインの設定にしておく(ホストOSにログインしているので)
  • インストールを待つ

Virtual Boxのアンインストール

Homebrewでインストールしていなかった場合

アンインストールツールに従って、削除を行う。
その後下記のディレクトリも削除する。

~/Library/VirtualBox
VirtualBox\ VMs
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
Article information
RevisionsShow article in Markdown
Help us understand the problem. What are the problem?