AWS
WindowsServer2012

【AWS】DrillStudioを使用できる環境を構築してみた

More than 1 year has passed since last update.

超マニアックな環境を構築してみました。

これで、ネット環境さえあれば、練習中にスマホやタブレットからRDP接続することでコンテの修正ができる!!

もう、PCなしでも、コンテが作成できる時代ですね〜。

#AWSの1年無料プランを活用すれば、サーバ代も無料なのでとてもコスパも抜群ですね。

--


0.目的

AWS上のWindowsServerにDrillStudio環境を構築する。

iPhone7PlusのRDPアプリから同サーバへ接続して、DrillStudioが操作できることを確認する。

--


1.対象ソフトウェア

オークス社が提供している「DrillStudio」。

日本向け(多分)に開発されたコンテ作成ソフトウェア。

対応OSは、WindowsとMacOS。

http://aucs.main.jp/index.html

上記サイトより、体験版DL可能のため、今回の検証ではこちらからDLしたInstallerを使用する。


<< Installer DL手順 >>


手順① サイトを表示し、ダウンロードタブを選択する

スクリーンショット 2016-11-26 20.10.01.png


手順② 必要情報を入力し、InstallerをDLする

スクリーンショット 2016-11-26 20.10.54.png

スクリーンショット 2016-11-26 20.11.06.png

なお、動作環境は下記のとおりとなっている。

Windowsについては、今回の検証からServerでも動作する模様。

スクリーンショット 2016-11-26 20.11.56.png



2.環境構築

今回は、AWS上に存在する下記AMIを使用して環境を構築する。

スクリーンショット 2016-11-27 3.18.29.png

今回は、特別カスタマイズせずに環境を構築する。

スクリーンショット 2016-11-27 3.20.58.png

スクリーンショット 2016-11-27 3.21.26.png

スクリーンショット 2016-11-27 3.21.48.png

スクリーンショット 2016-11-27 3.22.13.png

スクリーンショット 2016-11-27 3.22.43.png

スクリーンショット 2016-11-27 3.23.19.png

環境構築完了!!

スクリーンショット 2016-11-28 0.10.16.png

早速、起動してみる。

スクリーンショット 2016-11-28 0.11.08.png

スクリーンショット 2016-11-28 0.11.26.png

スクリーンショット 2016-11-28 0.11.37.png

起動できました!!

--

ネット速度とかにもよると思いますが、うまく使いこなせればとてもいいんじゃないかな。

是非!!