Edited at

Raspberry PiにGo言語をインストールする


はじめに

Raspberry PiにGo言語をインストールする手順について簡単にまとめました。

Go言語をインストールすることでGo言語で書かれたプログラムを使うことができます。


Go言語とは?

Go言語はGoogleによって開発されているプログラミング言語の一つです。

UNIX、Linux、Windows等各種プラットフォームで動作します。実用例としては、Dockerは殆どGo言語でコーディングされているようです。


Go言語のインストール

Raspberry PiにGo言語をインストールする場合はリポジトリからは取得できないので、wget等を利用しパッケージをダウンロードします。ダウンロード後は展開するだけです。

※本記事のコマンドの左に記載している"$"は、プロンプトを意味しています


  • パッケージの取得 ※Raspberry PiのCPUアーキテクチャに合わせてarmを選択

    $ wget https://golang.org/dl/go1.10.1.linux-armv6l.tar.gz


  • パッケージの展開 ※本記事の例ではパッケージの展開先はデフォルト

    $ sudo tar -C /usr/local -xzf go1.10.1.linux-armv6l.tar.gz


  • インストール確認

    $ ls -l /usr/local/go


  • バージョン確認

    $ cat /usr/local/go/VERSION



Go言語の設定

インストールしただけではパスが通ってないため、Go言語のパスを通します。


  • パスの追加 

    $ vi ~/.bashrc

# Go言語のPATHを通すためファイル末尾に以下を追記

export PATH=$PATH:/usr/local/go/bin


  • パスの確認

    $ echo $PATH

    $ which go


  • パスの有効化

    $ source .bashrc



Go言語の動作確認

Go言語が動くか簡単にテストします。


  • テスト用プログラムの作成

    $ vi hello.go

package main

import "fmt"

func main() {
fmt.Printf("hello, world\n")
}


  • 直接実行する場合

    $ go run hello.go

スクリーンショット 2018-04-01 19.08.54.png


  • ビルドして実行する場合

    $ go build hello.go

    $ ./hello

スクリーンショット 2018-04-01 19.15.25.png


おわりに

Raspberry PiやPythonと相性がいいことや、これからきそうなので、少しずつ勉強していきたいです。

Let's Go


参考