Help us understand the problem. What is going on with this article?

Docker HubでAutomated Buildを設定する

はじめに

本記事は、Docker HubのAutomated Buildを使用して、GitHubで管理するDockerfileと連携を行い、自動でイメージをビルドする手順について記載しています。(※)本記事執筆時点(2019.3)のDocker Hubに対応

docker_Automated Build.png

Automated Buildを設定することで、GitHubにDockerfileをpushすると、自動でイメージのビルドが行われます。

Automated Buildの設定

Automated Buildを行うにあたり、必要な設定は以下になります。
Dockerfileは、ソースコードと同じ手順でレポジトリを作成して公開します。

  • GitHubの設定
  • Docker Hubの設定

GitHubの設定

  1. Docker Hubにログインを行い、画面右の自分のDockerID▼より、[Account Settings]をクリックします。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.25.12.png

  2. Linked AccountsのGitHubより、[Connect provider]を有効にします。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.28.17.png

Docker Hubの設定

  1. 画面上のRepositoriesより、画面右の[Create Repository+]ボタンをクリックします。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.33.43.png

  2. [Name]と[Description]を入力します。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.44.52.png

  3. Build Settings (optional)の[Select organization]から、自分のDockerIDを選択し、[Select repository]はDockerfileのあるGitHubレポジトリを選択します。最後に[Create]ボタンをクリックします。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.47.56.png

  4. レポジトリ作成後、レポジトリ画面に遷移するので[Builds]をクリックします。
    スクリーンショット 2019-03-19 00.48.40.png

  5. [Trigger]をクリックすると、GitHubのDockerfileをもとに、イメージが作成されます。なお、イメージの作成には、数分程度かかります。
    スクリーンショット 2019-03-19 01.00.55.png

  6. ビルド完了後(Build StatusがSUCCESS)、レポジトリ画面の[Public View]ボタンを押して、DockerfileよりビルドしたDockerfileが確認できます。
    スクリーンショット 2019-03-19 01.19.12.png

  7. 以降は、GitHubのDockerfileが更新されると、自動でビルドが行われます。

おわりに

ユーティリティ環境変数、フック、ビルドフェーズの上書きなど、自動ビルドをカスタマイズするための追加の高度なオプションがあります。詳細については、以下の参考を参照。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away