LoginSignup
11

More than 5 years have passed since last update.

さくらのレンタルサーバー Laravel5 インストール

Last updated at Posted at 2016-07-07

Laravel5 インストール

対象

さくらのレンタルサーバー(スタンダード以上)

事前準備

コントロールパネルにて「PHPのバージョン選択」を「5.6」に変更
(インストール条件 PHP >= 5.5.9 のため)

手順目次

  1. リモートログイン(SSH)
  2. Composerのインストール
  3. Laravel5のインストール
  4. 公開ページ等の修正

1. リモートログイン(SSH)

さくらサーバーのマニュアル参照
https://help.sakura.ad.jp/app/answers/detail/a_id/2263

2. Composerのインストール

1.binディレクトリの作成

cd ~
mkdir bin

2.環境変数PATHに$HOME/binが含まれているか確認

% cat .profile
PATH=/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/local/bin:$HOME/bin; export PATH

※含まれていない場合追加

3.Composerをbin配下にインストール

cd ~
% curl -sS https://getcomposer.org/installer | php -- --install-dir=bin --filename=composer
% chmod 755 bin/composer

image

アップデートの確認

% composer self-update

.composerディレクトリが追加されていることも確認
image

ここにインストーラーなどが保存される(.composer/vendor/bin)
※エラー等の発生した場合は別途エラー内容を確認

3. Laravel5のプロジェクトをインストール

1.Laravel5インストーラーのインストール

composer global require "laravel/installer"

image

2.Laravel5のインストール先を作成

例 ホームディレクトリ配下 laravel_project内にプロジェクトを入れて管理する

cd ~
mkdir laravel_project
/home/XXX/laravel_project/

3.Laravel5プロジェクトを作成

例 laravel_project配下にblogプロジェクトを作成
blog部分はプロジェクト名ごとに変更

cd ~/laravel_project
~/.composer/vendor/bin/laravel new blog
image
・・・
image

4.アップデート

プロジェクト内に移動してアップデート実施
cd ~/laravel_project/blog
composer update

image

バージョン確認
php artisan -V
image

5. 修正変更

  1. envの変更
  2. publicディレクトリが公開ディレクトリになるので中身を公開先にコピー(home/XXX/www/公開ディレクトリ)
  3. 公開ディレクトリの.htaccesの変更 ディレクトリで切る場合は.htaccessにRewriteBaseを追記/Options部分削除する
  4. 公開ディレクトリのindex.phpの修正(require,$app部分をプロジェクト先に変更)

参照

以下のサイトを参照しました。
http://readouble.com/laravel/5/2/ja/installation.html
http://c-rtx.com/2015/09/22/laravel-on-sakura-rental-server/

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
11