Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pgadminでトランザクションがアボートしたときには

案外この対応に苦慮していたのですが、これだけで解決します。Pgadminを操作していると、このメッセージに遭遇することがあります。

トランザクションがアボートしました

そんなときは、PgadminのSQLビューアを開いて、これだけを記述してクエリを実行してください。

commit;

こうすれば、再びSQLコマンドを受け付けるようになります。

どういうことなのか?

このサイトを参考に簡潔に説明しますが、postgreSQLは一意制約などに違反(同じユニークキーを挿入しようとしたなど)が生じると、トランザクションの実行をアボート(休止)し、そして、記述された命令すべてをロールバックする仕様になっています。ですが、auto commit(自動コミット)を何らかの理由でオフに制御していると(デフォルトでは有効です)、一度ロールバックしないと、以後のコマンドを一切受け付けないのです。

ですが、便利なことにcommit;という命令文を一つ実行するだけで、ロールバックも行ってくれるので、commitと記述すればいいのです。

データが反映されない場合

こっちも知らないと引っかかりがちですが、auto commitをOFFにしていると、普通の命令文をクエリで実行した後、必ず最終行に

commit;

この一行を忘れないでください。これを行わないとinsert文やupdate文、delete文やalter文などを受け付けてくれなくなり(というより、コミット《実行》されていないので、待機状態となっている)トラブルの元になります。そして、このcommitを受け付けていない状態で、新たなSQL文を実行したりすると同様にトランザクションがアボートしてしまいます。

ですので、
Pgadminは必ず結果(クエリ)にコミットすること

これを心がけましょう。

そもそものトラブルを防止したい

安全対策などでautocommitをoffに制御していない限りは、autocommitをonにしておいたほうがいい気もします。セキュリティ的なリスクより、commitを忘れ、必要なデータを投入、更新できていない(特に定期的にメンテをかけたりするケース)ことの方が問題が大きくなると判断した場合はそのようにした方がいいでしょう(要はどちらに重きを置くかです)。

auto commitをSQLで修正するためのコマンド

postgres=# \set AUTOCOMMIT on
postgres=# \echo :AUTOCOMMIT
on                                   /*このように表示される

このように定数に代入されて表示されますので、AUTOCOMMITは必ず英半角大文字にしてください。小文字にするとただ、:autocommitという文字列をechoするだけになります。

参考になったサイト

BRSF
職業、PG・SE・DBエンジニア。オープン環境のwebプログラムをメインにシステム構築担当。使用言語はPHP(cakePHP、Laravel含)jQuery、JavaScript、ExcelVBA、Perl、Ruby、Python。現在Vue、React、Angular強化中。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした