Go
MongoDB

GoでMongoDBを使う勉強(続報)

More than 3 years have passed since last update.

 以前に投稿したGoでMongoDBを使う方法に関してもう少し自分なりに改良を加え勉強してみました。使用したサンプルはいつものように

    https://gist.github.com/border/3489566

を使用しました。

 こちらのサンプルはテストということなので基本的な使い方はすべてmainに書かれています。実際に運用する際はModule化する必要があるのでどのようにModule化すればよいかをテストしてみました。


sanple.go

package main

import (
"fmt"
"labix.org/v2/mgo"
"labix.org/v2/mgo/bson"
"time"
)

type Person struct {
ID bson.ObjectId `bson:"_id,omitempty"`
Name string
Phone string
Timestamp time.Time
}

var (
IsDrop = true
)


ここまでは同じです。DBにアクセスするsession形成をmodule化してみます。


sample.go

func CreateSession(dialURL string) (session *mgo.Session, err error) {

newSession, err := mgo.Dial(dialURL)
if err != nil {
panic(err)
}

newSession.SetMode(mgo.Monotonic, true)

// Drop Database
if IsDrop {
err = newSession.DB("test").DropDatabase()
if err != nil {
panic(err)
}
}

return newSession, err
}


 このような感じです。私がはまったのはreturnでnewSessionとerrを返すところです。Go特有の記述ですね。

 引数としてdialURLを取ります。引数を使用しmgo.Dialでsessionを指定します。次にmainでこの関数を呼び出してみます。


sample.go

unc main() {

session, err := CreateSession("localhost")
c := session.DB("test").C("people")

// Index
index := mgo.Index{
Key: []string{"name", "phone"},
Unique: true,
DropDups: true,
Background: true,
Sparse: true,
}

err = c.EnsureIndex(index)
if err != nil {
panic(err)
}
person1 := &Person{Name: "Ale", Phone: "+55 53 1234 4321", Timestamp: time.Now()}
person2 := &Person{Name: "Cla", Phone: "+66 33 1234 5678", Timestamp: time.Now()}
person3 := &Person{Name: "Kazu", Phone: "+77 34 5078 2525", Timestamp: time.Now()}

   err = c.Insert(person1, person2)
if err != nil {
panic(err)
}

err = c.Insert(person3)
if err != nil {
panic(err)
}


 という感じです。かわっているところは作成してCreateSessionで使用するsessionを形成します。person1,2,3のobjectを個別形成し、c.Insert(...)で導入していきます。実験のために分割してInsertしてみました。問題はないようです。

 これで基礎実験はできたので応用実験としてrevelに接続して実験してみます。