Help us understand the problem. What is going on with this article?

Xcodeでbits/stdc++.hをインクルードする

More than 1 year has passed since last update.

XcodeでC++を書いていて、#include <bits/stdc++.h>を使ったら'bits/stdc++.h' file not foundというエラーが出て、意外と詰まったので解決法を載せときます。私のようにターミナルの扱いにも慣れていない方向けに丁寧めに書きました。
未熟者なのでもっと良い方法あったら教えてください。

bits/stdc++.hとは

これはC++の標準ライブラリを一括でインクルードできるヘッダーファイルです。

#include <bits/stdc++.h>

と初めに書いておくだけで標準ライブラリが全て使えるようになります。
特に競技プログラミングではかなり便利です。

1. stdc++.hのダウンロード

ここからstdc++.hをダウンロードします。
https://gist.github.com/reza-ryte-club/97c39f35dab0c45a5d924dd9e50c445f

2. Xcodeのincludeフォルダに置く

あとはXcodeの標準ライブラリがあるフォルダに置くだけなのですがパーミッションやらのエラー対策も合わせて説明します。

まずターミナルでbitsフォルダを以下のディレクトリに作ります。

/Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/include/c++/v1

cd /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/include/c++/v1

mkdir bits

この時、Permission deniedと出てしまった場合はsudoを付けましょう。

sudo mkdir bits

そしてダウンロードしたstdc++.hをここに移動します。
stdc++.hが置いてあるフォルダに移動し、以下のコマンドを実行します。

mv stdc++.h /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/Toolchains/XcodeDefault.xctoolchain/usr/include/c++/v1/bits

これでXcodeで#include <bits/stdc++.h>を使ってもエラーが出ないようになりました。

参考

How can i include in xcode

もうPermission deniedなんて怖くない!〜linuxのパーミッションについてかなり丁寧に説明してみる〜

Atsu30
主にWeb系、競プロc++、AR・VR、Unity
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした