Edited at

Node.js入れるメモ

More than 1 year has passed since last update.


Node.jsの管理

開発によって複数のnode.jsを使う場面とか出てくると思う。

なるべく切り替えがしやすいようにしておくため、

homebrew->nodebrew経由でインストール・管理を行うようにする

nodebrewを入れることで、nodeのバージョンを切り替えて使うことができる

$nodebrew use <version>コマンドとかでバージョン指定できる。


環境

macOS Sierra ver10.12.4

※前提条件:homebrewが入っていること


手順

端末使います。標準搭載のもの使うかiTermとか使っていこう。

1.brew install nodebrewでnodebrewをインストール

2.nodebrew setupでnodebrewのセットアップ、各種設定ファイルにパスを通す

Fetching nodebrew...

Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Export a path to nodebrew:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

↑こんな感じでパス通してって言われるので.bashrcにパスを入れる

[!]

Bash使ってる人は通常.bashrcに入れるだけでおk
.bash_profile使ってるとかzsh派の人は.zshrcに入れるとか、それぞれの設定ファイルにパス通す

3.source ~/.bashrcで設定ファイルを適用させる

4.nodebrew ls-remoteでインストールできるnode.jsのバージョン一覧を確認

2017-04-04現在では以下のバージョンがインストールできる

v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6

v0.1.0 v0.1.1 v0.1.2 v0.1.3 v0.1.4 v0.1.5 v0.1.6 v0.1.7
v0.1.8 v0.1.9 v0.1.10 v0.1.11 v0.1.12 v0.1.13 v0.1.14 v0.1.15
v0.1.16 v0.1.17 v0.1.18 v0.1.19 v0.1.20 v0.1.21 v0.1.22 v0.1.23
v0.1.24 v0.1.25 v0.1.26 v0.1.27 v0.1.28 v0.1.29 v0.1.30 v0.1.31
v0.1.32 v0.1.33 v0.1.90 v0.1.91 v0.1.92 v0.1.93 v0.1.94 v0.1.95
v0.1.96 v0.1.97 v0.1.98 v0.1.99 v0.1.100 v0.1.101 v0.1.102 v0.1.103
v0.1.104

v0.2.0 v0.2.1 v0.2.2 v0.2.3 v0.2.4 v0.2.5 v0.2.6

v0.3.0 v0.3.1 v0.3.2 v0.3.3 v0.3.4 v0.3.5 v0.3.6 v0.3.7
v0.3.8

v0.4.0 v0.4.1 v0.4.2 v0.4.3 v0.4.4 v0.4.5 v0.4.6 v0.4.7
v0.4.8 v0.4.9 v0.4.10 v0.4.11 v0.4.12

v0.5.0 v0.5.1 v0.5.2 v0.5.3 v0.5.4 v0.5.5 v0.5.6 v0.5.7
v0.5.8 v0.5.9 v0.5.10

v0.6.0 v0.6.1 v0.6.2 v0.6.3 v0.6.4 v0.6.5 v0.6.6 v0.6.7
v0.6.8 v0.6.9 v0.6.10 v0.6.11 v0.6.12 v0.6.13 v0.6.14 v0.6.15
v0.6.16 v0.6.17 v0.6.18 v0.6.19 v0.6.20 v0.6.21

v0.7.0 v0.7.1 v0.7.2 v0.7.3 v0.7.4 v0.7.5 v0.7.6 v0.7.7
v0.7.8 v0.7.9 v0.7.10 v0.7.11 v0.7.12

v0.8.0 v0.8.1 v0.8.2 v0.8.3 v0.8.4 v0.8.5 v0.8.6 v0.8.7
v0.8.8 v0.8.9 v0.8.10 v0.8.11 v0.8.12 v0.8.13 v0.8.14 v0.8.15
v0.8.16 v0.8.17 v0.8.18 v0.8.19 v0.8.20 v0.8.21 v0.8.22 v0.8.23
v0.8.24 v0.8.25 v0.8.26 v0.8.27 v0.8.28

v0.9.0 v0.9.1 v0.9.2 v0.9.3 v0.9.4 v0.9.5 v0.9.6 v0.9.7
v0.9.8 v0.9.9 v0.9.10 v0.9.11 v0.9.12

v0.10.0 v0.10.1 v0.10.2 v0.10.3 v0.10.4 v0.10.5 v0.10.6 v0.10.7
v0.10.8 v0.10.9 v0.10.10 v0.10.11 v0.10.12 v0.10.13 v0.10.14 v0.10.15
v0.10.16 v0.10.17 v0.10.18 v0.10.19 v0.10.20 v0.10.21 v0.10.22 v0.10.23
v0.10.24 v0.10.25 v0.10.26 v0.10.27 v0.10.28 v0.10.29 v0.10.30 v0.10.31
v0.10.32 v0.10.33 v0.10.34 v0.10.35 v0.10.36 v0.10.37 v0.10.38 v0.10.39
v0.10.40 v0.10.41 v0.10.42 v0.10.43 v0.10.44 v0.10.45 v0.10.46 v0.10.47
v0.10.48

v0.11.0 v0.11.1 v0.11.2 v0.11.3 v0.11.4 v0.11.5 v0.11.6 v0.11.7
v0.11.8 v0.11.9 v0.11.10 v0.11.11 v0.11.12 v0.11.13 v0.11.14 v0.11.15
v0.11.16

v0.12.0 v0.12.1 v0.12.2 v0.12.3 v0.12.4 v0.12.5 v0.12.6 v0.12.7
v0.12.8 v0.12.9 v0.12.10 v0.12.11 v0.12.12 v0.12.13 v0.12.14 v0.12.15
v0.12.16 v0.12.17 v0.12.18

v4.0.0 v4.1.0 v4.1.1 v4.1.2 v4.2.0 v4.2.1 v4.2.2 v4.2.3
v4.2.4 v4.2.5 v4.2.6 v4.3.0 v4.3.1 v4.3.2 v4.4.0 v4.4.1
v4.4.2 v4.4.3 v4.4.4 v4.4.5 v4.4.6 v4.4.7 v4.5.0 v4.6.0
v4.6.1 v4.6.2 v4.7.0 v4.7.1 v4.7.2 v4.7.3 v4.8.0 v4.8.1

v5.0.0 v5.1.0 v5.1.1 v5.2.0 v5.3.0 v5.4.0 v5.4.1 v5.5.0
v5.6.0 v5.7.0 v5.7.1 v5.8.0 v5.9.0 v5.9.1 v5.10.0 v5.10.1
v5.11.0 v5.11.1 v5.12.0

v6.0.0 v6.1.0 v6.2.0 v6.2.1 v6.2.2 v6.3.0 v6.3.1 v6.4.0
v6.5.0 v6.6.0 v6.7.0 v6.8.0 v6.8.1 v6.9.0 v6.9.1 v6.9.2
v6.9.3 v6.9.4 v6.9.5 v6.10.0 v6.10.1

v7.0.0 v7.1.0 v7.2.0 v7.2.1 v7.3.0 v7.4.0 v7.5.0 v7.6.0
v7.7.0 v7.7.1 v7.7.2 v7.7.3 v7.7.4 v7.8.0

io@v1.0.0 io@v1.0.1 io@v1.0.2 io@v1.0.3 io@v1.0.4 io@v1.1.0 io@v1.2.0 io@v1.3.0
io@v1.4.1 io@v1.4.2 io@v1.4.3 io@v1.5.0 io@v1.5.1 io@v1.6.0 io@v1.6.1 io@v1.6.2
io@v1.6.3 io@v1.6.4 io@v1.7.1 io@v1.8.1 io@v1.8.2 io@v1.8.3 io@v1.8.4

io@v2.0.0 io@v2.0.1 io@v2.0.2 io@v2.1.0 io@v2.2.0 io@v2.2.1 io@v2.3.0 io@v2.3.1
io@v2.3.2 io@v2.3.3 io@v2.3.4 io@v2.4.0 io@v2.5.0

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1

5.nodebrew install-binary <version>で指定したバージョンのNode.jsをインストールする

公式ではinstall-binaryコマンドでインストールすることを推奨してる。

ソースからコンパイルしたい人はnodebrew install <version>でするといい。

6.無事インストールしたらnodebrew lsでインストールされてるnode.jsを確認


参考

Node.jsの管理をHomebrewからnodebrewに変える

nodebrew install-binaryでやる理由について記載

nodebrew installでFailed to create the fileが発生してしまう

nodebrew setup知らずにインストールしたら同じ問題に直面。上記URL参考にしたら解決した!


以上でnodeのインストールと管理体制は完了。

あ、なにか物申すモヒカン兄貴いたら指摘おなしゃす!!!