search
LoginSignup
30

More than 3 years have passed since last update.

posted at

macOS Mojaveでソフトウェアアップデートのキャッシュを消す方法

はじめに

Apple Beta Software Programに加入すると,次のmacOSのbeta版を使用することができます。

その際,macOSのアップデートは「設定」アプリの中に移されましたが,アップデートしようとすると「インストール中にエラーが発生しました」と表示され,アップデートできない現象になりました(2回)。

原因

僕の場合の原因は,アップデートデータのダウンロードが正常に完了していないことでした。

ダウンロードがやけに早いなぁと思っていたのですが(3GB超のデータが5分足らずで終わってた)。

対処法

途中までダウンロードしたデータ(キャッシュ)を削除してまたイチからダウンロードし直す方法です。

SIPの無効化

ダウンロードしたデータは /Library/Updates/ の中にあります。
これを削除すればいいのですが,El Capitanから導入されたセキュリティ機能SIP,通称Rootlessがあるため,中身を見ることはできても削除ができません。

なので,先ずはSIPを解除します。

  1. macを一旦シャットダウンする
  2. macを command+R を押しながら起動し,ユーティリティモードへ入る
  3. メニューバーの「ユーティリティ > ターミナル」からターミナルを起動する
  4. $ csrutil disable と打ち込む
  5. macを再起動

これでSIPが無効化されました。

$ csrutil status
System Integrity Protection status: disabled.

と表示されていれば無効化できています。

キャッシュの削除

/Library/Updates フォルダを削除します。

念の為リネームしてもいいと思います。

ソフトウェアアップデート

あとはソフトウェアアップデートを行えばダウンロードの最初から始まるはずです。

SIPの有効化

正常にアップデートできたら再度SIPを有効化しておきます。

無効化の時の手順と同じで,有効化のコマンドは
$ csrutil enable です

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
30