8
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Organization

自社にて「もくもく会」を10回ほど企画してみた

1.はじめに

どうも、ARIの名古屋支社に勤務している愛知県民です♪
(/・ω・)/

Qiitaで面白そうなイベントがやっていたので、参加ボタンをポチりました。

何を書こうか悩んだのですが、いつもの自分の記事とは少し趣を変えて、
もくもく会を10回ほど企画した感想について記事にしたいと思います!
新人の方の参考になれば幸いです。
(*^^)v

2.用語の説明

2.1.もくもく会とは

もくもく会とは、参加者がやりたいこと(資格勉強や読書やQiitaの記事執筆など)を「黙々」とする会のことです。
自分が企画したのはオンラインですが、学生時代にみんなで集まってテスト勉強する様なイメージです。

参考URL:https://www.pasonatech.co.jp/workstyle/column/detail.html?p=2282

3.もくもく会を企画しようと思った理由

まず初めに、自分がなぜもくもく会を企画しようと思ったかを記載します。
2021年某日、とあるオンライン飲み会にて「なかなか勉強する時間がとれないんだよねー」という話が出て、
数人が共感して盛り上がりました。

「各人が勉強時間を確保できるような仕組みが作れないかな?」と色々考えたところ、
もくもく会を思いついたので、社内のチャットにてもくもく会に興味がある人がいるかどうかを聞いてみました。

何人かの方から返信があったので、「やってみてダメならやめればよい。失敗してもいいから、やってみよう。
くらいの気持ちで、自分が所属している事業部署の人向けのもくもく会を企画・実施しました。

4.企画したもくもく会の情報

次に、具体的に自分がどのようなもくもく会を実施したのかをまとめます。
もくもく会の時間は固定で、その他はかなり自由にしました。

項目 内容
開催頻度 毎週水曜日
開催時間 19:30~23:00
開催形式 Web会議室で開催
対象 同じ事業部の人(約80人)
参加・不参加 自由
途中参加・退出 自由
マイク・カメラのオンオフ 自由
もくもくする内容 自由

毎週3,4人の方に参加いただいて、AWSの資格勉強、Qiitaへの記事投稿をもくもくしている人が多かったです。
また、自分自身は19:30~21:00、22:00~23:00で参加することが多かったです。
(間の1時間はお風呂休憩)

5.もくもく会を企画した感想

5.1.勉強時間の確保ができた

毎回3,4人の方でもくもくして、自分自身はもちろん、他の人の勉強時間の確保にもつながったと感じました。
単純にもくもく会だけで約25時間勉強できたので、「塵も積もれば山となる」を体感でき、
各人が勉強時間を確保できるような仕組みを作る」という目標も多少は達成できたと考えています♪
また、自分自身はカメラをオンにしていて、見られている状況だったので、スマホ等も触らずに集中することができました。

ただ、80人ほどいるチャットで発言していたので、毎回3,4人は少ない気もしました。
毎回8人ほど参加者がいるような会にするにはどうすればいいかを考えています。
(例えば、「5月はAWSの勉強強化月間」みたいにしてある程度テーマを絞るのはどうかなと思っています。)

人数を増やすことだけが目的になると趣旨がずれてしまうので、その点には気をつけます。

5.2.少しだけ交流の場になった

基本的に質問以外のおしゃべりはせず、もくもくするようにしていましたが、
誰かが参加したときは今日何をもくもくするか聞いたり、先に参加した人が何をもくもくしているかを話したりして、
少しではありますが交流の場にもなりました。

個人的にはコロナの時代だからこそ交流は大切だと思うので、
もくもくしながら交流を増やすために何かできないかを考えています。

5.3.質問を通じて深い学びができるとより良い

上記2つはポジティブな内容でしたが、改善点もあるので記載します。

自分自身の経験が基になりますが、他の人に教える、他の人から教わることはお互いの勉強になると考えています。
もくもく会では質問はOKとしていましたが、中々質問は出なくて、上記の様な学びの機会は少なかったと感じました。

もっと気楽に質問ができるようにするにはどうすればいいかを考えています。
(思い切って、雑談OKのWeb会議室とそうでないWeb会議室を分けてみようかと思っています。)

6.おわりに

ここまで読んで下さり、ありがとうございます!!!
(^^)

もくもく会は勉強時間の確保に悩んでいる新人の方にはおすすめなので、是非やってみてください!
(「勉強したいとは思っているけど、中々一歩が踏み出せない人」は特におすすめです。)

自社で開催していない場合は、Web等で調べると一般向けのもくもく会が出てくるので、
1人で参加するのが緊張する場合は友達と2人以上で参加してみるのも良いと思います♪

最後に、自分が企画しているもくもく会は30~40点くらいと思っていて、
まだまだ盛り上げることはできると考えているので、適宜修正していこうと考えています。
次はもくもく会を30回くらいやったときに記事にしようかな、と考えているのでお楽しみに♪
(:3_ヽ)_

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
8
Help us understand the problem. What are the problem?