Help us understand the problem. What is going on with this article?

超使えるフリーサウンド素材集 OculusAudioPack01を効果的に使ってみよう

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

この記事ではOculus使いません
音の紹介と、Unityで足音を使った場合の実例です。
また、音の管理、呼び分けにADX2LEを使っています。
あらかじめご了承ください。

実例デモ (Unityパッケージ)

Unity_FootstepsADX2LE_160114.unitypackage 1/14更新
UnityChanFootsteps_ADX2LE.zip ADX2LEのAtomCraftTool用データ

AudioPackに含まれているデータを用いて、ユニティちゃんの足音を作ってみたものです。
Unity5 PersonalとADX2LE(どちらも無料)を使っています。

上記パッケージをインポートして自由に使っていただいて構いません。
Unityをお持ちでない方は以下の動画を参考にどうぞ。

使用例:ユニティちゃんに足音をつけた その1【UnityとADX2で作って遊ぶ】
ユニティちゃんに足音をつけた その1【UnityとADX2で作って遊ぶ】

ADX2についてはこちら → 勝手にADX2情報まとめ
Unityへの導入の仕方はこちら → Unity 5のサウンド機能をADX2 LEで強化する


こんな素材をフリー提供とか頭がおかしい

仕事を奪われる人が出てくる事を心配するくらいの、高品位かつ結構なボリュームの素材集が先日、12/10に公開されました。

Oculus Audio Pack 01 - download

だってサンプリングレート48kHzで、約500種、400MBですよ?
単価5000円とざっくり仮定してまともに発注したら250万円が、タダなんですよ?
作るのが結構難しい、環境音のステレオループ素材とか沢山あるよ?

自分が知っているフリーの音素材を提供しているところって、大体は22kHzで公開していて
「綺麗な音で使いたかったら有償で提供するから発注してね!」という意図があったり
同業者の仕事を奪わない配慮になっていたりするんですが、Oculusは違いました。フルパワーすぎる。

というわけで、ヤバさが伝わったでしょうか。

タダで使えるけどマナーは守ろう!

一応、クリエイティブコモンズライセンスなので、クレジットの表記のみ必須です。

改変可、営利利用可、再配布可、ライセンス継承はしなくて問題なし!

ライセンスの詳細は以下を参照

英語
https://creativecommons.org/licenses/by/4.0/

日本語
http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/deed.ja

VRじゃなくても使っちゃえ。

これだけ使えるなら音の発注前に仮の音として使ってしまおう!

いい感じだったらそのままリリースしちゃおう!

どんな音が収録されているのか?

  1. 気味の悪い、ホラー系
    • クリーチャーのボイスやら咀嚼音やら。VRはホラー系と相性良さそうなので使えそう。
  2. 足音、打撃音、落下音
    • 一番、幅広く使えるやつ。VR以外でもガンガン使っちゃうぜ。
  3. 環境音
    • ステレオのループ素材が多数。VRサウンドを追求すると誤魔化し方が大事になるけど、その辺はまた別の話。
  4. 屋内の機械動作音
    • それ系のVRコンテンツで超大事なやつ。うまく空間の演出をするんだ!
  5. user_interface
    • システム音とか言われるやつ。バリエーションも豊富。
  6. ボイス
    • 男女の他に巨人、オーガ、トロルとか中世ファンタジーRPG向けっぽい。
  7. ドアの音
    • やっぱり20種類くらい音があると臨場感でるよね。脱出ゲームとかで使えそう。
  8. 音楽系ジングル集
    • 2〜6秒の色んな音楽的効果音。
  9. car
    • 車のキー、エンジン、窓の開け閉めなど。
  10. interaction
    • 色んな動きの音。

というわけで、これだけ素敵なデータを活かさないわけにはいきません。

使用例 (そこそこリアルな足音)

冒頭にも挙げましたが、足音が便利そうなので使ってみました。

単発の音が72種。床の材質ごとに12種類(着地音x2、走る音x5、歩く音x5)と用意されていますが、状況に応じてそれぞれを鳴らすのは面倒です。

そこでオーディオミドルウェア、ADX2(LE)を使って、『足音を鳴らす』という一つの命令だけで、床の素材に合わせた音がいい感じにランダムに鳴るもの、という非常に都合のいいものを作りました。

冒頭に挙げた動画は「走る音」しか使っていませんが、歩く音、着地音を追加したものがこちら
使用例:ユニティちゃんに足音をつけた その2【UnityとADX2で作って遊ぶ】
ユニティちゃんに足音をつけた その2【UnityとADX2で作って遊ぶ】

Unity_FootstepsADX2LE_160114.unitypackage 1/14更新

こうやってリアリティを増していくのです。
動画はたぶん、その8くらいまで続きます。

作り方の説明は別記事として書きます。後日Unityプロジェクト含めて全データを公開するので UnityPackageを公開しました!

近日中にまた更新します。お楽しみに!

ADX_kawaguchi
(以前はksilogicというIDで猫アイコンでした) エンジニア寄りのサウンドデザイナー。インタラクティブなものが好き。1998年にゲーム業界に入りITベンチャーを経て音楽業界へ。着メロ、カラオケ、Vocaloid、吹奏楽、舞台、映画劇伴とか色々やって2011年頃に再びゲーム業界に戻ってサウンドデザイナー>ミドルウェアのエヴァンジェリスト>モバイルアプリのサウンドディレクター。
dena_coltd
    Delight and Impact the World
https://dena.com/jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away