ESP8266
networkApp
#migrated

ESP-WROOM-02 > UDP > echo server

More than 1 year has passed since last update.


動作確認

- ESP-WROOM-02

- ユニーバサル基板実装

使用したユニバーサル基板は以下。

http://qiita.com/7of9/items/bc96d1cf17d4d87e1fcd

UDPの通信を受けたらエコーバックするプログラム。


プログラム

v0.1 @ github


使用方法

TemplateWifiConfig.hを wifiConfig.hとして、中身のSSIDとパスワードを書き換える。

wifiConfig.hはリポジトリにpushせず、ignore扱いすること

ESP-WROOM-02に書き込んだら、以下のように実行する

- シリアルモニタを起動 (115200 bps) または、Tera Termなど他の端末でもいい

- ESP-WROOM-02をFlash Boot Modeで起動する

- シリアルモニタにIPとポート番号が表示される

- そのIPとポート番号にUDP送信すると、エコーバックされる


補助ソフト

ESP-WROOM-02にUDP送信するのは、以下を使った。

unity-150830-udpSender


実行の様子


ESP-WROOM-02側

起動して少ししてからWiFi接続が完了し、Local IPとLocal portの表示がされる。

received以降は、実際にUDP送信を受けて、エコーバックしているタイミングで表示される。

qiita.png


udpSender側

Input Fieldに送信先と文字列を入れて、Sendボタンを押して使う。

Sendボタンのすぐ上にある、青色(背景)に白抜きの文字が受信されたもの。エコーバックなので同じ文字列が表示される。

Screenshot_2015-12-19-22-45-00.png


用途

エコーバック機能を使って、機器のバッテリー試験ができそう。

近日中に整備して行う予定。

ESP-WROOM-02が色々な電池でどれほど動くか把握したいため。

ESP-WROOM-02自体のIPアドレスとポートをシリアルモニタ以外で確認する方法は要改善。