Help us understand the problem. What is going on with this article?

RadStudio XE4のHelpにてWe are sorryが出るときの対処方法

More than 3 years have passed since last update.

Delphi Advent Calendar 2013 12/06 の記事です。

RadStudioなどのIDEを使用しているなかで、個人的によく使うのがヘルプです。最近、そのヘルプに関して遭遇した不具合とその対応を紹介したいと思います。

環境

もしかしたらバージョンなどによってそもそもの不具合が生じないかもしれません。
試した環境は以下の通りです。
- Windows7 Professional (32bit)
- RadStudio XE4 Update1適用済み (ただし、XE2からupdateしたもの)
- IE 9 (version 9.0.22)

症状

MSDN関連のヘルプがRadStudioのHelp機能から閲覧できません。

以下の手順で症状が発生します。

  1. RadStudio XE4のヘルプにて「検索」タブにて検索をする。
  2. SHGetSpecialFolderLocation で検索すると、「MSDN オンライン(英語)」のカテゴリにて100個ほど検索結果が出てくる。
  3. そのリストのうち、 SHGetSpecialFolderLocation function(Windows) を選択すると、 「We are sorry. The page you requested cannot be found」 (下の画像)となる。 ぱっと見たところ、ヘルプが見つからないと思えてしまう。

WeAreSorry.png

実はwebページ自体は本来のリンク先に実在しているようで、なぜかヘルプからは見えない状態なのです。
試しに「ショートカットのコピー(T)」にてURLアドレスをコピーしたものをIE9のブラウザのURL入力欄に入れると、問題なく表示されます。

対応方法

「新しいウィンドウで開く」を使うことで、ヘルプがきちんと表示されるようになります。

SHGetSpecialFolderLocation function(Windows) の上において、右クリック、「新しいウィンドウで開く(N)」を選択する。こうすると、新しいタブに説明ページがきちんと表示されます。

補足1

自分の環境では、APIの種類によって、「We are sorry ...」が出るものと出ないものがありました。
SHGetFolderPath はきちんと見れ、SHGetKnownFolderPathでは「We are sorry...」が表示されます。

補足2

「新しいウィンドウで開く(N)」にて表示できるようになったページは、「We are sorry..」にならなくなります。PCの再起動後には、また「We are sorry...」になるような感じですが、再現条件はいまいちわかりません。

補足3

設定を変更することで、回避できるなら、その方法を知りたいものです。

7of9
セブンオブナインです。Unimatrix 01の第三付属物 9の7という識別番号です。Star trek Voyagerの好きなキャラクターです。まとめ記事は後日タイトルから内容がわからなくなるため、title検索で見つかるよう個々の記事にしてます。いわゆるBorg集合体の有名なセリフから「お前たち(の知識)を吸収する。抵抗は無意味だ」。Thanks in advance.
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした