UI
IDE
cppBuilder

C++ Builder 10.2 Tokyo > IDE > オブジェクトインスペクタ > 検索できるようになっている | UI: 構造の記憶を強いるUIかどうか

動作環境
Rad Studio 10.2 Tokyo Update 2

オブジェクトインスペクタでのキーワード検索

qiita.png

10.2 Tokyoではオブジェクトインスペクタでキーワード検索できるようになっている。
前方一致検索ではなく、部分一致検索であり、使いやすいように思う。

プロパティやイベントのリストから「探す」という行為が手早くなり、今後のデザイン時間の短縮に大きく貢献すると思われる。

構造の記憶を強いるUI

検索で見つかるUIはカテゴリやリストから探すUIよりも有用であると常々思う。カテゴリやリストから探す行為はユーザに「構造の記憶」を強いり、「そのソフトだけ」を使うユーザしか考慮されていないように思う。
現在のような様々なフレームワークが登場していく開発状況では、一つのIDEだけを使い続けるユーザだけでなく、複数のIDEを使うユーザも考慮されたUIは良いと思う。

関連