Help us understand the problem. What is going on with this article?

glsl リプリケーションと平行世界

More than 1 year has passed since last update.

リプリケーションとは

フラグメントシェーダーで、現在、処理している画素の座標をある数字で割ることで、図形がリプリケーション(複製)されるという現象のことでした。なんとなく、ある数字で割った余りなのだから、同じ図形が繰り返されるというのはイメージがつくかもしれませんが、とても不思議ですよね。

まず前提として

glslは、頂点シェーダーであれば、頂点の数だけ、フラグメントシェーダーであれば、画素の数だけ同じプログラムが並列で実行されるのでしたね。
ということは、フラグメントシェーダーであれば、全く別個の平行世界が画素の数だけ存在するともいえますね。

このまま、何も基準もない状態であれば、全く別個の平行世界が画素の数だけ存在することになりますが、現在、処理している画素の座標(gl_FragCoord.xy)を基準とすることで1つの世界とすることができます。

このgl_FragCoord.xyを正規化したものをpとします。

vec2 p = (gl_FragCoord.xy * 2.0 - r) / min(r.x, r.y);

このpを割るということは世界を割っているのに他ならないのです。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away