Posted at

Google Cloud Platformに突然繋がらなくなったときの処方箋

Google Cloud PlatformのVMに突然SSH接続できなくなってしまった。さっきまで繋がったのに、ってときの対処方法をねこでもわかるレベルで説明します。

はじめてVMをつくったとき

VMのサイズを変更したとき

に対処できます。


繋がらなくなる原因

 最低限必要なことを説明します。SSH(Secure Shell)という通信方法は、クライアント(自分がいる方のマシン)とサーバー(自分がいない方のマシン)とで通信する方法です。SSHで通信するためには3つのものが必要です。1つめがクライアントがもつ秘密鍵(Private key)。2つめがサーバーがもつ公開鍵(Public key)。そして3つめが、サーバーがどこにあるのかという住所、つまり外部IPアドレスです。この外部IPアドレスはクライアントがもっていなければいけません。

 (もちろんSSHのソフトも必要ですが、ここでは省略します。)

 うえの説明にあてはめて原因を説明します。あなたのPCがクライアントです。Google Cloud PlatformのVMはサーバーです。Google Cloud PlatformのVMは、必要な3つのうち3つめの 外部IPアドレスがコロコロ変わってしまいます 。なので、クライアントはサーバーがどのにあるのかわからなくなって繋げないのです。


対処方法

外部IPアドレスを固定すればOKです。

1、まず Google Cloud Platform にいきます。

キャプチャ.PNG

2, Compute Engine をクリック

キャプチャ2.PNG

3.自分のVMの名前をクリック

キャプチャ3.PNG

4.編集をクリック

キャプチャ4.PNG

5.ネットワーク インターフェースをクリック

6.画像が取れなかったんですが、新しい静的IPアドレスをクリック

キャプチャ6.PNG

キャプチャ7.PNG

7、適当に名前を入力、neko とか inuwaannmarisukijanaiとかなんでもいいです。ただしアルファベット小文字、空白なし

説明は書かなくていいです。 

8,画像ないですが、つづいて予約をクリック

キャプチャ8.PNG

9,完了をクリック

キャプチャ9.PNG

10、保存をクリック

キャプチャ10.PNG

20秒ほど待つと外部IPアドレスが表示されます。表示されなかったらページもう一回読み込んでください。

この外部IPアドレスをSSHのソフトで書き換えてやったら完了です。