Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

メンテナンス用に、Kubernetesのコンテナ内のポートにkubectlでアクセスする(ポートフォワード)

More than 1 year has passed since last update.

Kubernetes上でRedisやPostgreSQL等のDBを構築した場合など、中のDBに直接アクセスしてメンテナンスを行いたい場合がある。Kubernetes内に、phpMyAdmin等のDB管理ツールを立てる場合もあるが、逐一そのようにするのは面倒が大きい。

kubectlが実行可能であれば、ローカルのポートをPodにつなぐポートフォワードができる。

kubectl port-forward pods/redis-master-765d459796-258hz 6379

この状態でローカルの6379ポートにアクセスすると、コンテナの6379にアクセスできる。ポートを変更する場合はローカルポート:Podポートのように指定する。

リファレンス先: https://kubernetes.io/docs/tasks/access-application-cluster/port-forward-access-application-cluster/

74th
k8sとPythonとVSCodeでごはん食べてる。 github: @74th twitter: @74th
https://github.com/74th
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away