Qiitaのある記事以降のストック数を計算するページつくってみた

  • 18
    Like
  • 2
    Comment
More than 1 year has passed since last update.

Qiitaのストック数を報告するのに計算が面倒になってきた+ちょっと勉強しようと思ったので作ってみた!!!のです!!!

こんなページです :smirk_cat:

自分も使ってみたい方向け説明

やりたかったこと

QiitaのAPI叩いてみたかった

  • ココです! http://qiita.com/docs/api
  • 記事のidも「特定ユーザーの投稿取得」をたたけばわかります!
  • 蛇足:JSON見るときはJSONViewオススメです。

APIの結果をGoogleChartに流し込んでみたかった

  • これです! https://developers.google.com/chart/?hl=ja
  • GoogleCart自体は以前からちょいちょい使っていたのですが、APIを叩いた結果をぐりぐりしてみたかったのでやってみました。(後述の通り諦めた部分がありますが :cry:

Gist使ってみたかった

  • Githubは仕事で使う機会があったのですが、こっちはなかなかないなーと思って、せっかく1ページにおさめたので置いてみました

bl.ocks.org使ってみたかった

出来なかったこと

  • 見て分かる通り、ボタンを押す必要がある状態になりました :scream:
    • API叩いた結果をGoogleChartに流して表示するをうまく制御出来ずでしたが眠いので諦めます。。
  • 記事のidを基準にしています :pensive:
    • 本当はちゃんと汎用的に2014/04以降の記事、と書きたかったのですが、日付操作は今日はやる気起きませんでした :expressionless:
  • ソースの中身にidとか埋め込んでしまった
    • 最初のボタンになっているのと同様でうまく「データを取ってくる」と「グラフ描く」を制御出来なかったのでこちらも諦めました

こうすればいい感じに出来るよ、とかあれば教えてください :persevere: