Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacにNode.jsをnodebrewでインストールして環境構築【決定版】

Mac に Node.js を nodebrew でインストールして環境構築

Mac に Node.js をインストールする方法は複数ありますが、ここでは nodebrew によるインストールとバージョン管理方法を説明します。

nodebrew の導入手順

nodebrewhomebrew でインストールします。

homebrew のインストール

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install.sh)"

nodebrew のインストール

brew install nodebrew

nodebrew 有効化

以下のコマンドを実行し、 nodebrew 1.0.1 と Usage などが表示されることを確認した上で、

nodebrew

以下のコマンドでセットアップを実行します。

nodebrew setup

nodebrew の PATH を通す

setup が成功すると export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH と PATH 指定が表示されます。

zsh を使用している場合

zsh を使用している場合は、 .zshrc に PATH を追加します。
vim.zshrc を開き

vim ~/.zshrc

i を押してインサートモードにし、以下を貼り付けた上で esc を押してから :wq と入力してエンターを押し保存します。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

保存が完了したら source で有効にしてください

source ~/.zshrc

bash を使用している場合

bash を使用している場合は、 .bash_profile に PATH を追加します。
vim.bash_profile を開き上記と同様の手順で PATH 指定を書き加えて source を実行してください。

nodebrew による Node.js のインストール

インストール可能な Node.js のバージョン確認

インストール可能な Node.js のバージョン一覧を確認します

nodebrew ls-remote

指定したバージョンでインストール

上記で確認した一覧の中からインストールしたいバージョン名をコピーしてください。

nodebrew install v10.20.1

※ ここでは v10.20.1 を例にインスールします。
※ インストール時にエラーが出た場合はこちらをご確認ください。

インストールしたバージョンを有効にする

以下のコマンドでインストールしたバージョンの Node.js を有効にする

nodebrew use v10.20.1

有効になった Node.js の確認

以下を実行し、 v10.20.1 と表示されればインストールの成功です。

node -V

バージョンの切替

Node.js のバージョンを切り替えたい場合は、切り替えたいバージョンを install した上で、 use で指定することで切り替えが可能です。

まとめ

Node.js を nodebrew でバージョン指定しインストールする方法の説明でした。


補足

nodebrew install でエラーが出た場合

nodebrew install にて、 以下のようなNo such file or directory とエラーが出た場合、

Warning: Failed to create the file
Warning: : No such file or directory

.nodebrew/src ディレクトリを以下の手順で作成してあげることで対応可能です。

mkdir ~/.nodebrew
mkdir ~/.nodebrew/src
7110
PayPayモールにてAMPを活用したフロントエンドの実装とデザインシステムを整備しています⚡️ プライベートではサービスを作ったり、データをいじって分析・加工(Python好き) ⇨ ビジュアライズ(D3, Vue)したり📊
yahoo-japan-corp
Yahoo! JAPAN を運営しています。
https://www.yahoo.co.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away