Node.js
nvm

nvmでnode.jsの環境をつくる。

More than 3 years have passed since last update.

nvm とは

Node Version Manager
node.jsはバージョンによって動いたり動かなかったりが多い。
PaaSデプロイ時 package.json で指定するので実際の仮想サーバで動かすバージョンをさくっと用意したい。

使ってみる。

インストール

リポジトリ(git://github.com/creationix/nvm.git)をクローン
ホームディレクトリの.nvm にコピってくる

[masato@mba] $ git clone git://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm
Cloning into '~/.nvm'...
remote: Counting objects: 2707, done.
remote: Total 2707 (delta 0), reused 0 (delta 0)
Receiving objects: 100% (2707/2707), 514.38 KiB | 232.00 KiB/s, done.
Resolving deltas: 100% (1476/1476), done.
Checking connectivity... done.

  • 2015/05/09 追記 githubを見ると下記コマンドを打てとのこと
git clone https://github.com/creationix/nvm.git ~/.nvm && cd ~/.nvm && git checkout `git describe --abbrev=0 --tags`

あと、gsedが無いと入って起こるのでhomebrewで入れておく

brew install gnu-sed

パスを通す

[masato@mba-18] $ source ~/.nvm/nvm.sh
[masato@mba-18] $ nvm --version
0.20.0

.zshrcにも書いておいて起動時から使えるようにしとく。

node.js 入れる

インストールできるバージョンを調べる

[masato@mba-18] $ nvm ls-remote
     v0.1.14
...
    v0.11.13
    v0.11.14

インストールして利用可能にする。

バージョンは省略すると最新になる。
v0.10 なら 0.10の中の最新(0.10.33)

[masato@mba-18] $ nvm install v0.10
######################################################################## 100.0%
perl: VERSIONER_PERL_VERSION environment variable error (ignored)
Now using node v0.10.33
[masato@mba-18] $ nvm use v0.10
Now using node v0.10.33
[masato@mba-18] $

使えてるか確認。

[masato@mba-18] $ node -v
v0.10.33

おk

確認

インストールされているバージョンを確認

[masato@mba-18] $ nvm ls
->  v0.10.33
    v0.11.14
      system
stable -> 0.10 (-> v0.10.33) (default)
unstable -> 0.11 (-> v0.11.14) (default)
[masato@mba-18] $

デフォルトのバージョンを設定する。
起動時にバージョン指定しなくてよくなる。

[masato@mba-18] $ nvm alias default v0.10
default -> v0.10 (-> v0.10.33)
[masato@mba-18] $ nvm ls
->  v0.10.33
    v0.11.14
      system
default -> v0.10 (-> v0.10.33)
stable -> 0.10 (-> v0.10.33) (default)
unstable -> 0.11 (-> v0.11.14) (default)
[masato@mba-18] $