Ruby
linebot
LIFF

Rubyで始めるLIFF API


はじめにLIFFとは

LIFFとはLINEがリリースしているフロントエンドのフレームワークです。

基本的にはFront周りのAPIなのですが、pathの設定などのめんどくさい部分があります。簡単に登録できるliff_selectorについて説明します。

※今回の記事ではローカルで始めるLINE bot @Rubyを基にして作成しています。


liff_selectorの機能

helpで見るとliffは次のような機能を提供しています。

今回は、LIFFアプリのテンプレートを作成する部分までを説明します。

 → bundle exec liff_select help

liff_select show : display all apps
liff_select same : display same url and type apps
liff_select clean : delete same url and type apps
liff_select upload _TYPE_ _URL_ : upload new apps with type and url.
: type is <type:compact|tall:|full>
liff_select delete _LIFF_ID_ : delete app _LIFF_ID_ is referenced show number.
liff_select help : commands helps
liff_select new _html_name_ : make liff sample html


テンプレートの作成

liff_selectorを使うことにより、シンプルなテンプレートを作成することができます。

 → bundle exec liff_select create index

> [SUCESS] make ./views/index.erb


liffの登録

LIFFアプリのテンプレートを作成したので、rubyからliffアプリ呼び出す受け口を作成します。


app.rb

get '/' do

erb :index
end

LIFFアプリとして、lineで起動させるためには、LINE側へliffアプリのURLを登録する必要があります。

 → bundle exec liff_select upload tall https://6fd2cf79.ngrok.io

> make liff app
> [SUCCESS] make app
> app uri : line://app/1598664616-30ozn5rM


登録したLIFFアプリ一覧

登録したアプリは show コマンドを使うことにより簡単に閲覧することができます。

 → bundle exec liff_select show

id liffId type url
1. 1598664616-30ozn5rM tall https://6fd2cf79.ngrok.io


最後に

liff_selectorなら簡単にliffアプリを管理することができます。

Happy LINE LIFE :)