Help us understand the problem. What is going on with this article?

新卒のvim日記 day2【備忘録】

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

day1の記事を書いていて思ったのですが、こんな初歩的な記事を書いても読み手の人は多分すでに知っているしどうしよう...書こうか悩む...と思っていたのですが、悩んで後悔するよりやって後悔したい人なので、頑張ってみます。

今日は、昨日のコマンドに加えて入力・置換について勉強しました。

入力

Vimにはいくつかモードがあるようです。vimで文字を入力するためには、Insertモードまたは、Replaceモードになる必要があります。
最初にVimを開いた時はNormalモードで読み込まれます。
次のコマンドで文字を入力することができます。

コマンド 機能
i 文字の先頭からInsertモードになる
a 文字の末尾からInsertモードになる
I 行の先頭からInsertモードになる
A 行の末尾からInsertモードになる
r カーソル上の文字のみReplaceモードで他はInsertモード
R カーソルより後ろの文字をReplaceモードで入力する

置換

置換は文字を置き換える操作です。
コマンド的には、1行のみ変更の場合はs/xx/yy/gで、ファイル内では%s/xx/yy/gで置き換えることができます。

備忘録

day1 | day2 | day3

明日はモード・ファイル内検索について調べます。

参考文献

viコマンド一覧表

4geru
エンジニア初心者です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした