IBM Cloud Object Storageをclientから利用する

More than 1 year has passed since last update.

https://qiita.com/segur/items/e65cdef31eff7685ff21 さんを参考に設定を行ったですが、

やっぱり環境変数から認証情報とりたかったのでその手順



clientをインストール

pip install python-swiftclient python-keystoneclient 


サービス資格情報をウェブコンソールで確認する

https://console.bluemix.net/dashboard/storage から作成済みのサービス(何も表示されない場合は、Regionなどを確認)を選択し、

サービス資格情報 -> 資格情報の表示 から資格情報をコピーして、任意のファイル名で保存しておく


認証トークンを生成し、.bash_profile に保存する

トークン作成後は、JSONファイルは削除して問題ない

CREDENTIAL_JSON="2.で保存した ファイル名"

export OS_AUTH_VERSION=3
export OS_AUTH_URL=`jq -r .auth_url $CREDENTIAL_JSON`/v3
export OS_USER_ID=`jq -r .userId $CREDENTIAL_JSON`
export OS_PASSWORD=`jq -r .password $CREDENTIAL_JSON`
export OS_PROJECT_ID=`jq -r .projectId $CREDENTIAL_JSON`
swift auth >> ~/.bash_profile


動作確認

soruce .bash_profile

swift info