Help us understand the problem. What is going on with this article?

uGUI webサーバーから画像をダウンロードして表示

More than 5 years have passed since last update.

WWWクラスとRawImageをつかって
Webサーバー上にある豚くん画像を表示します!!!

12021927_673085316126630_10284087_n.jpg

WWWクラスを知る

Webサーバーからデータをダウンロードすためには、WWWクラスを使用する。

hoge
string url = "http://www.hogehoge.com/hugahuga.png";
WWW www = new WWW(url);

こんな感じで

WWWクラスのコンストラクタに引数としてURLを渡すとWWWオブジェクトを生成
し、バックグラウンドでダウンロードを開始するそうです。

公式マニュアル WWWクラス
http://docs.unity3d.com/jp/current/ScriptReference/WWW.html

実装します。

1.HierarchyからCreate→UI→Raw Image を追加。

12028922_673085342793294_202875955_n.jpg

Raw Imageって何?普段のImageとなにが違うの?

こちらが詳しいっす
http://hiyotama.hatenablog.com/entry/2015/07/02/090000

ImageとRaw Imageの違いは何かというと、ImageはSprite画像限定でしたが、Raw ImageはSprite限定ということはなく、Texture画像も使える。
その代わり、Imageに比べて機能が制限されている。(Image Typeが選択できないとか)

公式マニュアル Raw Image
http://docs.unity3d.com/ja/current/Manual/script-RawImage.html

2, Raw Imageに下記スクリプトをアタッチして実行!

hoge
using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;

public class ImageDownloder : MonoBehaviour {


    IEnumerator Start(){

        // wwwクラスのコンストラクタに画像URLを指定
        string url = "http://www.wanpug.com/illust/illust3038.png";
        WWW www = new WWW(url);

        // 画像ダウンロード完了を待機
        yield return www;

        // webサーバから取得した画像をRaw Imagで表示する
        RawImage rawImage = GetComponent<RawImage>();
        rawImage.texture = www.textureNonReadable;

        //ピクセルサイズ等倍に
        rawImage.SetNativeSize();
    }

}

豚くん表示された!(最初の画像)


シルバーウィークは
これといって浮いた予定がない例外なので
Unity道場しようと思います。。

39_isao
鮭とメロンパンとコーヒー牛乳が好物です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした