Help us understand the problem. What is going on with this article?

他のIAMで作られたEKSクラスターに EC2 のロールをアタッチしてkubectlできるようにする

More than 1 year has passed since last update.

EKS はデフォルトで作成したときの IAM 情報と紐付いて作成されます。
自分の環境では AWSではロールを使って運用しており、1時間でセッションが切れるようになっています。
そのため、ローカルから(kubectl)叩く際、
1時間ごとに認証エラーが起きてしまい、長時間触ることが出来ません。
そこで、ロールを使い EC2 から kubectl を時間無制限に操作できるようにしたので
参考までにどうぞ

ポリシーを作成

EKS のクラスターにつなぐのに必要なポリシーを作成します

  • 必要な権限はeks:DescribeCluster だけでした
{
    "Version": "2012-10-17",
    "Statement": [
        {
            "Effect": "Allow",
            "Action": [
                "eks:DescribeCluster"
            ],
            "Resource": "*"
        }
    ]
}

ロールを作成

  • 先ほど作成したポリシーをアタッチしたロールを作成します。
  • ポリシーで頑張りたかったんですが、eks(k8s?) ではユーザーか、ロール単位でしか認証できませんでした
    • 調査不足の可能性もあります

ConfigMap を修正して適用

事前に system:masters の権限を持っているユーザーか、クラスターを作成したときのアカウント/ロールに切り替えます
aws-auth-cm.yaml もしくは、ConfigMap が書かれているyamlを以下のように書き加えます
<AWS_ACCOUNT_ID> と <ROLE-NAME> は適宜書き換えてください

  • <AWS_ACCOUNT_ID>: AWSのアカウント番号です。ロールARNに書いてあります
  • <ROLE-NAME>: 先ほど作成したロールの名前です
  mapRoles: |
    # 中略
    - rolearn: arn:aws:iam::<AWS_ACCOUNT_ID>:role/<ROLE-NAME>
      username: <ROLE-NAME>
      groups:
      - system:masters

あとは、 kubectl apply -f aws-auth-cm.yaml と叩いて終わりです。

補足 ロールをアタッチしたEC2からEKSつなぐ

現在(2019-08-14)提供されている AmazonLinux2のaws-cli が古いためバージョンを上げる必要があります。
参考情報:
[アップデート]EKSを使う際にaws-iam-authenticatorが不要になりました! | DevelopersIO]
aws-cli/1.16.156以上が必要みたいです
Linux に AWS CLI をインストールする - AWS Command Line Interface
を参考にして最新バージョンを入れてください
終わったら

 aws eks update-kubeconfig --region ap-northeast-1 --name cluster-name

と叩いて上げれば連携完了です。
あとは kubectl を入れてお好きにどうぞ

余談

  • 本当は k8s側(RABC?)でもっと権限絞ったほうがいいのでしょうが、今回はやっていません
  • k8s は沼が深いと思いました
306_san
色々なものをかじっただけの所謂にかわ系エンジニア。IoTからWebからHololensが少しできる広く浅くやってくタイプのエンジニア
basicinc
マーケティングとテクノロジーで社会のあらゆる問題を解決する集団
https://tech.basicinc.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした