Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google公式のGoogle BigQueryを爆速で設定する

More than 3 years have passed since last update.

この記事は一度もGoogle BigQueryを触ったことがない人のための、セットアップの説明です。。Google BigQueryにアクセスするにはまず、Google BigQueryにサインアップする必要があります。自分のクレジットカード情報を記入する必要がありますが、60日間の無料お試し期間があり、1 TB / 月まで無料ですので、サクッと試すぐらいでしたらあまり心配しなくてもいいのではないでしょうか。ので利用しましょう。もし限度を超えることがあったとしても、勝手に課金される前に、YesかNoと断れるようになってます。詳しくはこちら の方に、Google BigQueryの料金体系が書いてあります。

プロジェクトを作成する

いったんサインアップすると、Google Cloud Consoleページからプロジェクトを作成することができます。

how_to_create_project_google.png

ヘッダーのドロップダウンメニューからプロジェクトを作成を選んで下さい。

プロジェクト名を入力してください。

how_to_create_project_google2.png

データセットを作りましょう

いったんプロジェクトを作ると、左側のメニューボタンを押して下さい。

how_to_create_project_google1.png

メニューからBigQueryを選び、Google BigQueryのUIを開きましょう。

how_to_create_project_google3.png

矢印のアイコンの隣にあるボタンを押して、データセットを作成してください。

how_to_create_project_google4.png

データセットIDをタイプして、OKボタンをクリックしてください。

how_to_create_project_google5.png

これで設定は終了です。Google BigQueryのデータ分析については、こちら↓で書いているのでよろしかったらどうぞ。

なぜデータ分析においては、SQLではなくRを使うべきか? Google公式のGoogle BigQueryに保存されてる3TBのGitHubデータを使って、Rのパッケージをクラスタリングしてみた

興味を持っていただいた方、実際に触ってみたい方へ

Exploratoryはこちらからβ版の登録ができます。こちらがinviteを完了すると、ダウンロードできるようになります。

ExploratoryのTwitterアカウントは、こちらです。

Exploratoryの日本ユーザー向けのFacebookグループを作ったのでよろしかったらどうぞ

分析してほしいデータがある方や、データ分析のご依頼はhidetaka.koh@gmail.comまでどうぞ

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away