12
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

VRChat用モデルを標準アバター形式「VRM」へ変換する

概要

VRChat Advent Calendar 2020 25日目の記事です。

VRChat Advent Calendar 2019 では2日目に 継続的なクロスプラットフォーム対応VRChat Advent Calendar 2018 では25日目に 【完全版】BlenderやFBXのモデルをVRChatで使おう! という記事をを書きました。

VRMとは?

オープン標準 VRM は、人型3Dモデルのファイル形式で、標準化団体「VRMコンソーシアム」が策定作業を進めています。

次のようなデータを、1つのファイルにまとめて格納することができます。

  • メッシュ・ボーン・シェイプキー
  • テクスチャ
  • マテリアル
  • Humanoid (hipsやheadなど) とボーンの対応関係
  • 視点の位置
  • 表情とシェイプキーの対応関係
  • 揺れモノ
  • アバター名・作者・親作品・利用規約

VRMは、GLBというファイル形式の一種 (GLB拡張) です。GLB (glTF) は、3Dモデルのファイル形式で、国際標準として広く利用されています。

GLBは、Blenderが標準で対応していて、Windowsでもダブルクリックで開けば、モデルを見回すことが可能です。VRMはGLBの一種なので、拡張子を .glb に変えれば、Windowsでそのまま閲覧できます。

Unityエディタ上のVRChat用モデルをVRMへ変換することで、多くのアプリケーションでアバターとして使うことができるようになります。

VRChat用アバターとVRM

FBXなどからセットアップする場合、VRChat向けにセットアップするのに比べ、VRMはよりかんたんにセットアップできます。

しかしながら、VRChat向けにセットアップ済みのアバターを手っ取り早くVRM化したいとか、UniVRMよくわからんというときは、この記事の手順を試してみてください。

細かく設定する場合、継続的にメンテナンスする場合は、FBXなどからセットアップすることをおすすめします。

こちらはアバターオンリーの展示会・見本市「アバターミュージアム」のツイートですが、2020年12月現在、VRM未対応のアバターがまだまだ多いのが現状かと思います。

変換手順

VRM Converter for VRChat の導入

※手順通りの表示にならない場合、いったんUnityを最小化、または再起動してみてください。

  1. 以下のURLから「インストーラー」を入手します。
    https://pokemori.booth.pm/items/1025226
  2. ダウンロードしたファイルを展開 (解凍) します。
  3. 展開した「VRM Converter for VRChat Installer.unitypackage」を、Assets にドラッグ&ドロップし、「Import」します。
  4. インストール途中で、Project Settingsウィンドウと、レジストリが追加されたことを伝える「Importing a scoped registry」というダイアログが開くので、ダイアログの「Close」ボタンを押します。
  5. インストールが完了すると、「Recommended project settings for UniGLTF/UniVRM」(UniGLTF/UniVRMが推奨するプロジェクト設定) と書かれたウィンドウが開くので、ウィンドウの一番下の「Accept All」というボタンを押します。
  6. ウィンドウの表示が「Thank you!」に変わるので、「Close」ボタンを押します。
  7. Package Settingsウィンドウも「×」で閉じます。

VRMへの変換

  1. VRChat用のアバターをクリックして選択された状態にします。
  2. そのまま、ウィンドウ上部のメニューから、「VRM」→「Export VRM file from VRChat avatar」を選択します。
    ※ダイアログ (ウィンドウ) の初期サイズが小さい場合があります。ダイアログ右下をドラッグするとサイズを変えることができます。
  3. Expressions で、「Happy」(嬉)「Angry」(怒)「Sad」(哀)「Relaxed」(楽)「Surprised」(驚) に対応するアニメーションクリップを、プルダウンメニューから選択します。
    ※不足していてもエクスポートは可能です。
  4. 必要であれば以下の項目も入力します。(参考: モデル情報 | UniVRMマニュアル)
    • Title (アバター名)
    • Version (アバターのバージョン)
    • Author (作者)
    • Contact Information (自分の連絡先)
    • Reference (親作品)
    • アバターの人格に関する許諾範囲 / 再配布・改変に関する許諾範囲
      ※デフォルトではもっとも厳しい条件になっているので、条件をゆるめたい場合でなければ、基本的にはそのままでも大丈夫です。
      ※アバターに人格を与えることの許諾範囲とは、一般的に、アバターを操作できる人を表すものです。
      ここで「Everyone」を選択すると、VRChatのpublicアバターと似たような意味になります。
      (参考: アバターの人格に関する許諾範囲 | UniVRMマニュアル)
  5. ダイアログ右下の「Export VRM file」をクリックします。
  6. ファイルピッカーが開くので、VRMファイルの保存先を決めます。
    ※Unityプロジェクト内へエクスポートすると、UniVRMによってVRMの自動インポートが始まるのでご注意ください。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
12
Help us understand the problem. What are the problem?