Help us understand the problem. What is going on with this article?

【完全版】BlenderやFBXのモデルをVRChatで使おう!

:warning: 注意事項

  • Quest用のモデルは非常に制限が厳しいため、この記事では解説していません。
  • モデルによっては、VRChatに対応したボーン構造になっていないなどの理由で、この記事の手順ではアップロードが出来ない場合もあります。
  • VRChatは修正不能な脆弱性により、モデルのデータを第三者が盗める状態になっています。もちろんそのような行為は規約により禁止されていますが、モデルデータをアップロードする際はその問題を認識したうえで行ってください。
  • VRChatへのアップロードは、データの転載に当たります。あらかじめデータの権利関係・ライセンスをご確認ください。

Unityエディタのインストール

VRChatへのモデルデータ (以下、アバター) のアップロードは、Unityエディタを使って行うことになっています。Unityエディタのインストールはとても時間がかかるので、とりあえずやって放置しておきましょう。

  1. 以下のページの Unity Hub をダウンロード ボタンを押します。
    https://unity3d.com/jp/get-unity/download
  2. ダウンロードしたインストーラーを実行します。
  3. unityhub://2017.4.28f1/e3a0f7dd2097 をブラウザのアドレスバーにコピペして Enter します。 1
  4. Unity Hub が起動するので、Unity 2017.4.28f1 をインストールします。

VRChat側の操作

VRChatのインストール

もしまだVRChatをインストールしていなければ、以下のページにある ゲームをプレイ (緑色の) ボタンを押して、インストールしておきます。

Steam:VRChat
https://store.steampowered.com/app/438100

VRChatのアカウントを作成

VRChatのアカウントには、まぎらわしいですが VRChatアカウントSteamアカウント の2種類があります。

アバターをアップロードするには、 VRChatアカウント をWebページから作成する必要があります。

以下のURLから、VRChatアカウント を作成します。
https://www.vrchat.com/home/register

※ここで入力した「Username」は後から変更することはできないので、注意してください。 Display Name (VRChat内で頭の上に表示される名前) は3ヶ月に1回の制限付きですが、変更可能です。

すでに「Steamアカウント」でVRChatへログインしている場合

Settings画面の右下に UPGRADE ACCOUNT というボタンが表示されていれば、それは「Steamアカウント」です。

  1. VRChatにログインします。
  2. メニューを出します。
  3. 中段の右端にある Settings ボタンを押します。
  4. Settgins画面の右下にある UPGRADE ACCOUNT ボタンを押します。
  5. 開いたダイアログの Generate ボタンを押します。
  6. Copy ボタンを押すと、Generateボタンを押した後に表示された文字の羅列 (トークン) がクリップボードにコピーされます。
  7. https://www.vrchat.com/home/steamlink を開きます。
  8. ENTER MERGE TOKEN と書かれた下のテキスト入力欄に、トークンを貼り付けて、 Merge Accounts ボタンを押します。
  9. VRChatの方は、Settings画面の左下にある LOGOUT ボタンを押して「Steamアカウント」からログアウトします。

アカウントの信用ランクを上げる

VRChatでは、アカウントごとに5段階の Trust Rank (信用ランク) が設定されています。これが Visitor の場合、アバターのアップロードができません。

自分のランクは次の手順で確認できます。

  1. メニューを出します。
  2. 上段の真ん中右にある Social ボタンを押します。
  3. In Room のところに自分がいるので、それをクリックすると、自分のユーザーページが開きます。
  4. 右上の表示名の下に Trust Level: という項目があります。その右の文字列がランクです。

このランクは、VRChatをプレイしていくうちに変わっていきますが、単純にプレイ時間が増えると変わるものではなく、さまざまな条件 (※具体的な内容は非公開) で変わります。

たとえば初心者向けのVRChatツアーのように、いくつかのワールドをめぐるようなツアーに参加し、最初に何人かとフレンドになってもらえれば、ツアーが終わる頃には New User になるでしょう。

VRChat SDKの導入

VRChatへのアバターのアップロードには、Unityエディタを使うと述べましたが、VRChat公式が公開している拡張機能も追加する必要があります。こちらもなかなか時間がかかるので先にやっておきます。

  1. 以下のURLから最新のVRChat SDKを入手します。2
    https://www.vrchat.com/download/sdk
  2. Unityエディタを起動します。
  3. サインイン画面が表示されるので、「Skip」しておきます。
  4. 右上の「+New」をクリックし、「Create project」でプロジェクトを作成します。
  5. ダウンロードしておいたSDKを、下の Assets という領域にドラッグ&ドロップします。
  6. 「Import Unity Package」というダイアログが表示されるので、そのまま右下の「Import」を押して、完了するまで待ちます。

アバターのVRM化

これ以降は、schwarz式かばん (※「かばん」はけものフレンズのキャラクター) を例として使わせていただきながら、解説を進めます。

UniVRMとVRM Converter for VRChatの導入

Unityのライブラリとエディタ拡張です。表情や目の可動範囲の設定に使います。

  1. 以下のURLから最新版 (右の赤いボタンのうち一番上のものから) を入手します。
    https://pokemori.booth.pm/items/1025226
  2. ダウンロードしたファイルを展開 (解凍) します。
  3. 2つのunitypackageが入っているので、ファイル名に UniVRM という文字が含まれる方を Assets にドラッグ&ドロップし、「Import」します。

アバターの正規化

  1. テクスチャをAssets内の好きなフォルダにドラッグ&ドロップします。
  2. blendファイル、もしくはfbxファイルなどをAssets内にドラッグ&ドロップして、インポートが完了するのを待ちます。
  3. Assets内のblendファイルを選択し、右のInspectorの Rig タブを選びます。
  4. Animation TypeHumanoid を選択し、すぐ右下の Apply ボタンを押してしばらく待ちます。
  5. すぐ上の Configure ボタンを押すと、シーンを保存するかどうか聞かれるので、適当な名前を付けて保存します。
  6. ヒト形アバターのボーンとして、誤った関連付けが行われていれば修正します。 特に「Head」の「Jaw」(あご) は、ほとんどの場合前髪などに関連付けられてしまっているので、「None」にしておきます。
  7. Done ボタンを押してもとに画面に戻ります。ボーンの関連付けを修正していた場合、適用するか聞かれるので、Apply ボタンを押します。
  8. Assets内のblendファイルを、ウィンドウ左上のHierarchyにドラッグ&ドロップすると、ウィンドウ真ん中のSceneにアバターが配置されます。
  9. Hierarchyのコンテキストメニュー (右クリックメニュー) から、 3D ObjectCube と選択すると、1Unit (1m) 四方の立方体が出てくるので、こういったものを参考にアバターの Scale を調整します。
  10. Hierarchyのアバターを選択した状態で、上の VRM メニューから、UniVRMExport humanoid を選択します。
  11. 「VRM Exporter」というダイアログが開くので、 Settings を展開し、 Author を入力します。
  12. Export ボタンを押して、Assetsフォルダ内に保存しすると、同時にインポートが始まるのでしばらく待ちます。

シェーダーの設定

  1. Hierarchy上にあるものを片づけて、インポートで生成されたAssets内のプレハブ (○○○○.vrmの隣の○○○○.prefab) をHierarchyへドラッグ&ドロップします。
  2. 「○○○○○.Materials」というフォルダを開くとマテリアルが展開されているので、Ctrl+Aですべて選択し、右のInspectorの ShaderVRM/UnlitTexture に切り替えます。
  3. 見た目がおかしいときは、他の VRMUniGLTF のシェーダーも試してみます。

※ここで紹介している設定は、多くのモデルで破綻しづらいと考えられる一例です。

表情の設定

  1. Assetsのプレハブを選択した状態で、Inspectorをスクロールしていくと、「VRM Blend Shape Proxy」というのが出て来るので、そこの「Blend Shape Avatar」の右のところをダブルクリックします。
  2. BlendShapeの設定画面が表示されるので、下の方に表示されているシェイプキーを調整して、次のように設定していきます。
プリセット 選択するもの
A リップシンク用の「あ」
I リップシンク用の「い」
U リップシンク用の「う」
E リップシンク用の「え」
O リップシンク用の「お」
BLINK まばたき
JOY
ANGRY
SORROW
FUN

視点の設定

  1. Hierarchyのアバター選択します。
  2. Sceneに視点位置を調整する3本矢印が表示されるので、この矢印の開始点がちょうど目と目のあいだに来るように調整します。
  3. この状態のままInspectorをスクロールしていくと、「VRM First Person」というのが出て来るので、そこの「First Person Offset」をメモしておきます。
  4. 次はAssetsのプレハブを選択した状態で、Inspectorの「VRM First Person」を見つけ、そこの「First Person Offset」へメモしておいた値を入力します。

VRChatへアップロード

VRChat用に変換

  1. Assetsのプレハブを選択した状態で、上の VRM メニューから、 Duplicate and Convert for VRChat を選択します。
  2. 「VRM Converter for VRChat」というダイアログが開くので、右下の 複製して変換 ボタンを押し、しばらく待ちます。
  3. 正常に変換が完了すると、「変換が完了しました。」というメッセージを含むダイアログが表示されます。

VRChat SDKへログイン

  1. 上の VRChat SDK メニューから、 Show Control Panel を選択します。
  2. 「VRChat SDK」というウィンドウが開くので、「Authentication」タブでUsername、またはメールアドレスとパスワードを入力して Sign In
  3. 「Avatar Creator Status: Allowed to publish avatars」と表示されているのを確認します。

アップロード

  1. 上記ウィンドウで、「Builder」タブを開き、右下の Build & Publish をクリックしてしばらく待ちます。
  2. 中央の「Game」ウィンドウにアップロード画面が表示されるので、指示に従ってアップロードします。
  3. 正常にアップロードが完了すると、「Upload Comlete! Launch VRChat to see your uploaded content.」というダイアログが表示されます。

  1. Setting up the SDK 

  2. このURLは、VRChatのWebページにログイン後、メニューの「Download」から見つけることができます。 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした