Edited at

Node-REDを認証付きでAzure WebAppsにデプロイ

More than 1 year has passed since last update.


はじめに

Node-REDのエディターに誰でもアクセスされると困るので認証付きでホストします。

まずは以下の手順にしたがってWebAppsにデプロイします。

Azure Web AppでNode-REDを動かす手順

ここで注意!

デプロイオプションの「リポジトリのURL」は

https://github.com/jmservera/node-red-azure-webapp.git

に変更します。


認証の設定

Node-RED自体はデプロイできたので、Web AppsのURLにジャンプするとエディターが表示されることを確認します。

次に認証画面が表示されるように設定します。

Azure PortalでNode-REDをホストしているWeb Appsのブレードの「App Service Editor (プレビュー)」を選択します。

1.png

「移動」を選択すると別タブが開きます。

2.png

別タブで表示されたWebエディターの階層ツリーのようなところから「settings.js」を選択します。

3.png

「adminAuth」の構造体がコメントアウトされているのでコメントを外します。(コードは文末にあります。)

4.png

Azure PortalでWeb Appsを再起動します。

5.png

再起動完了後、先ほどと同じURLにジャンプすると認証画面が表示されます。

この説明通りに行うと

・Username : admin

・Password : password

でログインできます。

6.png


認証設定について

今回設定した

adminAuth: {

type: "credentials",
users: [{
username: "admin",
password: "$2a$08$zZWtXTja0fB1pzD4sHCMyOCMYz2Z6dNbM6tl8sJogENOMcxWV9DN.",
permissions: "*"
}]
},

はフルアクセス権限を持ち、password というパスワードの admin というユーザーを定義しています。

パスワードはハッシュ化されています。

ハッシュ値の生成や、その他の詳しい設定の説明はこちらにあります。