Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure Bot Serviceを使って完全Web上でBot開発する

More than 1 year has passed since last update.

Azure Bot Service超便利

11月にリリースされたAzureのサービスで、Bot as a Service(BaaS)というカテゴリで提供しているらしい。
従来のBot Frameworkを使用した開発ではローカルで開発してからWeb Appにデプロイする方式だったようだが、このBot ServiceはAzureポータルの中にWeb IDEがあってローカルに環境を用意しなくても開発できるようになった。
1.png

が、しかし

このAzureポータル内のIDEではファイルの追加ができない。簡単なBotならいいが、関数とかファイルごとに分けたいときには結局ローカルでやるしかないのかと思い、いろいろやった結果の妥協案。

ファイルやディレクトリをWeb IDEから作る方法

2.png
[Setting]タブ内の[Advanced settings]を[Open]

3.png
App Serviceのブレードが開くはず

4.png
ブレードの右側にあるメニュー一覧を下へスクロールしていくと[App Service Editor]があるのでそれをクリック

5.png
クリックして表示された画面内の[移動]をクリック

6.png
こんな画面が開く。このエディタならファイルの作成やディレクトリが作成できる。
ちなみにこのエディターとBot ServiceのIDEをタブでどちらも開いておけばIDEの方でリアルタイムデバッグできる。

最後に

この問題、ググってもなかなか出てこず、調べ方が下手なのか、英語が下手なのか、みんな当たり前の情報なのか、そもそもWebで開発しようとする人がいないのか・・・。
この記事の執筆時点ではBot ServiceとApp Service Editorどちらもプレビューなので参考は自己責任でお願いします。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away