アジャイル

WIP新しい開発手法

More than 3 years have passed since last update.


WIPで新しい開発手法

WIP(Work-in-progress):仕掛り作業という意味

WIPという文字が付いていると、その作業はまだ終了しておらず、作業中であるとわかる。

一つの作業においても作業が様々あるので、それを細分化して書いておく。

例)進行中のチケットの状態

【WIP】#12345 ○○機能の新規追加


  • [✔] ○○.php にformを作成する


    • [✔] ○○テーブルを作成する

    • [ ] formをカスタマイズする



  • [ ] formの挙動を確認する

  • [ ] CSSの適応

  • [ ] テスト

レビューワー(コードチェック)はWIPの状態を見ることで、その作業がどこまで進行しているかがわかり、タイトルの【WIP】が外れていたらその作業は完了(レビュー待ち)というように一目でわかるようになる。

プロジェクト管理において、今あるチケットがどういう状態なのか「見える化」することができるようになる。

例)作業完了時のチケットの状態

 #12345 ○○機能の新規追加


  • [✔] ○○.php にformを作成する


    • [✔] ○○テーブルを作成する

    • [✔] formをカスタマイズする



  • [✔] formの挙動を確認する

  • [✔] CSSの適応

  • [✔] テスト


github等で開発を行う

最近、開発では欠かせないgit、これを活用してWIP開発を行う方法を書きます。


  1. 最初にプルリクエストをだす
    最初にプルリクエストを出すことで、そのプルリクエストの中身(コメント)に自分のやることのタスクを細分化して書く。
    github等ではコミットがなければプルリクエストを出せないので、空のコミットをpushしてやる必要がある。

$ git checkout -b test

$ git commit --allow-empty -m "make empty commit"
$ git push origin test


  1. プルリクエストの内容を編集する

    タイトルに【WIP】○○、本文にその作業を細分化したものを書く。

    細分化した作業を書いておけば、コミットメッセージ等も楽々。


  2. コミットを重ねていく

    作業が進んでいったら自分の細分化したコミットを重ねていく。


$ git add .

$ git commit --amend


  1. 一つの細分化した作業が完了したらレ点にチェックする


  2. 作業が完了したら【WIP】を外す


  3. レビューワーがレビュー

    レビューワーは【WIP】が外れたものからレビューを開始することができる。

    プロジェクトマネージャーはどの作業がどのぐらい進んでいるか確認できる。



補足

現在githubのみ、GitHub Flavored Markdown という記法を取り入れていますので、

- [ ] hogehoge

と書くことで、チェックボックスが生成できるというすごい機能があります。

以上がWIP開発という新しい開発手法でした。