Help us understand the problem. What is going on with this article?

vim-plugin NERDTree で開発効率をアップする!

More than 5 years have passed since last update.

vim-plugin NERDTreeで開発効率をアップする!

NERDTreeとは

vimのプラグインで、vimを開きながらディレクトリをツリー表示することができ、ファイルにvimを開きながらアクセスができます。

導入方法

1. まずはvimのプラグイン管理ツール「NEOBUNDLE」を導入します。

導入の本家サイトリンクはこちら(NEOBUNDLE

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/neobundle.vim/master/bin/install.sh | sh

このコマンドを叩くだけでNEOBUNDLEがインストールされます。
※MacとLinuxのみになります。

2. ~/.vimrcに以下のコードを書きます。

~/.vimrc
set nocompatible
filetype off

if has('vim_starting')
    set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
    call neobundle#rc(expand('~/.vim/bundle/'))
endif

"insert here your Neobundle plugins"
NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

filetype plugin indent on

ちなみにNERDTreeのBundleは

NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

になります。

3. Bundleのインストール

.vimrcを保存して再度vimを開き、vimの中で下記のコマンドを実行します。

:NeoBundleInstall

これにより、先ほど指定したBundleがインストールされ、無事にNERDTreeが入りました。

4. NERDTreeの設定

特に設定等は必要ありまん。
しかし、NERDTreeを起動するには、vimを開いて

:NERDTreeToggle

と打たなければいけないので、自分は.vimrcにショートカット(キーマップ)を書いてます。

~/.vimrc
nnoremap <silent><C-e> :NERDTreeToggle<CR>

これにより、vim上でCtrl+eでNERDTreeを開くことができます。

NERDTreeの使い方

ファイル操作系

コマンド 説明
o(enter) ファイルを開く
go ファイルを開き、カーソルはツリーに保持する
t タブで開く
T タブで開き、移動はしない
i 水平分割して開く
gi 水平分割して開き、移動はしない
s 垂直分割して開く
gs 垂直分割して開き、移動はしない

ディレクトリ操作系

コマンド 説明
o(enter) フォルダを開く
O 再帰的にディレクトリをすべて開く
x 親ディレクトリを閉じる
X 再帰的にすべての子ディレクトリを閉じる
e 新しいツリーを生成する

ツリー操作系

コマンド 説明
P ルートディレクトリへ移動
p 親ディレクトリへ移動
K 一番上へ移動
J 一番下へ移動
Ctrl+k 一つ上へ移動
Ctrl+j 一つ下へ移動

ファイルシステム系

コマンド 説明
C ツリーのルートを選択したディレクトリに変更
u ツリーのルートを上の階層にする
U 変更前のツリーの状態を保持して、ツリーのルートを上の階層にする
r 選択したディレクトリをリフレッシュする
R ツリーのルートをリフレッシュする
m メニューを表示する
cd 選択したディレクトリにcwdを変更する
CD cwdをツリールートに変更する

※mでファイルやディレクトリの追加・削除・コピー・移動ができる

その他

コマンド 説明
I 隠しファイルの表示、非表示
B ブックマークの表示・非表示
F ファイルの表示・非表示

これで簡単なファイル操作とかをわざわざbashに戻さなくても編集できますし、なにしろvimだけでいろいろできるのが超便利!

以上がNERDTreeの説明でした。
快適はvim生活を!

zwirky
a-hikkoshi
当社は、親会社である株式会社エイチームの経営理念をそのままに、引越しの比較サービス開始以降、大切にしてきた「三方よし」の理念を基本として、世の中に求められるサービスの創造を目指します。
https://hikkoshi.a-tm.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした