LoginSignup
5
3

More than 1 year has passed since last update.

【C言語】glib2.0を使ってみた〜confファイル読み込み〜

Last updated at Posted at 2022-03-26

はじめに

C言語でアプリケーションを作成するとき、入出力の基本的な処理からコーディングするのは面倒ですし、バグの温床のなりえます。
良い解決策がないか調べたところ、glib2.0というライブラリが

  • インストール・利用の容易さ
  • 多機能
  • ライセンス

という観点で、良さそうであると思いました。
一方、ネット上にあまり情報がなく、公式ドキュメントもわかりにくいということもあり、本記事にて基本的な使い方を紹介したいと思います。

今回は、confファイルの読み込みについて記載します。

動作環境

本記事は、下記の環境で動作を確認しています。

  • Ubuntu18.04
  • gcc

インストール手順

下記コマンドでglib2.0一式をインストールすることができます。
Ubuntu18.04の場合、バージョン2.56.4が入るようです。

sudo apt install libglib2.0-dev

使用例

本記事では、下記のような設定ファイルを読み込むことを想定します。

keyfile.conf
[value]
key1=test
key2=1
key3=1.5
#シャープでコメント

[array]
key4=0.5,1,1.5
key5=true,false,true

上記、設定ファイルを読み込み、読み込み内容を標準出力に表示するソースは下記になります。

main.c
#include <glib.h>

int main()
{
    int i;
    GKeyFile *file;
    GError *err = NULL;
    gchar *key1_value;
    gint key2_value;
    gdouble key3_value;
    gdouble *key4_array;
    gsize key4_array_len;
    gboolean *key5_array;
    gsize key5_array_len;

    //ファイルオブジェクト作成
    file = g_key_file_new();

    //配列の区切り文字を","に設定
    g_key_file_set_list_separator(file, ',');

    if (!g_key_file_load_from_file(file, "./keyfile.conf", 0, &err)) {
        g_print("failed to load keyfile. msg=%s\n", err->message);
    } else {
        g_print("success to load keyfile.\n");
        if ((NULL == (key1_value = g_key_file_get_string(file, "value", "key1", &err)) && (NULL != err))) {
            g_print("failed to parse key1. msg=%s\n", err->message);
        } else if ((0 == (key2_value = g_key_file_get_integer(file, "value", "key2", &err)) && (NULL != err))) {
            g_print("failed to parse key2. msg=%s\n", err->message);
        } else if ((0 == (key3_value = g_key_file_get_double(file, "value", "key3", &err)) && (NULL != err))) {
            g_print("failed to parse key3. msg=%s\n", err->message);
        } else if ((NULL == (key4_array = g_key_file_get_double_list(file, "array", "key4", &key4_array_len, &err)) && (NULL != err))) {
            g_print("failed to parse key4. msg=%s\n", err->message);
        } else if ((NULL == (key5_array = g_key_file_get_boolean_list(file, "array", "key5", &key5_array_len, &err)) && (NULL != err))) {
            g_print("failed to parse key4. msg=%s\n", err->message);
        } else {
            g_print("success to parse all keys.\n");
            g_print("key1 = %s\n", key1_value);
            g_print("key2 = %d\n", key2_value);
            g_print("key3 = %f\n", key3_value);
            
            g_print("key4 = ");
            for (i = 0; i < key4_array_len; i++) {
                g_print("%f,", key4_array[i]);
            }
            g_print("\n");

            g_print("key5 = ");
            for (i = 0; i < key5_array_len; i++) {
                g_print("%s,", key5_array[i] ? "true" : "false");
            }
            g_print("\n");

            //開放処理
            g_free(key1_value);
            g_free(key4_array);
            g_free(key5_array);
            g_key_file_free(file);
        }
    }

    if (NULL != err) {
        g_error_free(err);
    }

    return 0;
}

下記のコマンドでコンパイルを行うことができます。

gcc main.c -o main `pkg-config --cflags --libs glib-2.0`

下記のコマンドで実行します。設定ファイルがきちんと読み込めていることが確認できます。

./main
success to load keyfile.
success to parse all keys.
key1 = test
key2 = 1
key3 = 1.500000
key4 = 0.500000,1.000000,1.500000,
key5 = true,false,true,

上記ソースでは、設定ファイルの内容が正しくなかったとき、エラーメッセージを出力するようにしています。
例えば、設定ファイルのkey4の値にkey4=0.5,1,1.5,aaと小数値の期待に対し、文字列をわざと設定してみます。この状態で再び実行すると、下記のように、aaがfloat値として解釈できない旨を表示してくれます。このようにglibが、エラー要因をわかりやすく表示してくれます。

./main
success to load keyfile.
failed to parse key4. msg=Value ?aa? cannot be interpreted as a float number.

あとがき

C言語は文字列処理のコーディングに向いておらず、入出力の基本的な処理を作るのは骨が折れます。glib2.0を活用することで、本質ではない部分に割く時間を削減し、本当に重要なことに注力できると思います。

参考文献

5
3
3

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
5
3