Edited at

初級者向け LaTeX実力テスト ~キホン編~

More than 1 year has passed since last update.

Java実力テスト」という記事を見かけたので、せっかくだから、LaTeXの実力テストをテキトーに作ってみました。超カンタンなので、“LaTeXに自信ニキ”な人なら10分で完答できると思います。

※ここでいうLaTeXとは、皆さんがいつも使っているあのLaTeX(\documentclassから書き始めるやつ)のことです。

※文書本体(\begin{document}~\end{document}の中身)だけが書かれている場合、特に指示がない限り、欧文標準クラス(article、report、book)の何れかが用いられていると仮定します。


Q1

次のうち、ソフトウェアの名前としての「LaTeX」の表記として許容されるものはどれか。

図1

正しい組み合わせを次の選択肢から選べ。


  1. a

  2. a、b

  3. a、b、c

  4. a、b、d

  5. a、b、e

  6. f


Q2

現在(2018年3月)の最新のLaTeX(ソフトウェア)のバージョンは何か。


  1. 2.09

  2. 2e

  3. expl3

  4. 3.14159265

  5. 2017

  6. 2.0-pre42/PR17~alpha7+


Q3

次のコードは、現在有効な書体でフォントサイズを12ptに変えて「Hello!」を出力するものである。

{?????? Hello!}

??????に入るべき適切なコードはどれか。


  1. \large

  2. \Large

  3. \LARGE

  4. \fontsize{12}{12}\selectfont

  5. \fontsize=12pt

  6. \font\Fa=cmfi10 at 12pt


Q4

Computer Modern系の欧文フォント(LaTeXの既定)が指定されて、かつフォントの代替が起こらない(※)という状況を仮定する。

※つまり「サンセリフ・太字・イタリック」などの組み合わせの全てが利用可能だと仮定する。

この場合に以下のコードから得られる出力はどれか。

\texttt{\textbf{\textsf{\textrm{\textit{abc}}}}} 

図2


Q5

以下の文章の空欄に入る適切な用語の組み合わせを選べ。

「テキストを色つきの枠で囲みたい場合は、color(  )の \fcolorbox(  )を使います」



  1. =パッケージ / =命令


  2. =スタイル / =マクロ


  3. =クラス / =環境


  4. =スタイル / =命令


  5. =フォーマット / =マクロ


  6. =アクセラレーション / =ブースト


Q6

LaTeXで数式(インライン数式およびディスプレイ数式)を表すマークアップ記法として正しい組み合わせを選べ。

※出力したい数式をa+bとする。


  1. インライン=\(a+b) / ディスプレイ=\[a+b]

  2. インライン=$a+b$ / ディスプレイ=\[a+b\]

  3. インライン=$a+b$ / ディスプレイ=$$a+b$$

  4. インライン=\(a+b\) / ディスプレイ=\{a+b\}

  5. インライン=$\textstyle a+b$ / ディスプレイ=$\displaystyle a+b$

  6. インライン= :sushi:a+b:sushi: / ディスプレイ= :sushi::sushi:a+b:sushi::sushi:


Q7

以下のコードから得られる出力はどれか。

$c = 299,792,458\mathrm{ms^{-1}}$

図3


Q8

次のような、大文字のギリシャ文字を含む数式を出力したい。

Β(1/2,1/2) = (Γ(1/2))²= π

どのようなコードを書けばよいか。

※数式フォントパッケージは使用しないものとする。

※ASCII文字で入力する前提。


  1. $\Beta(1/2,1/2) = (\Gamma(1/2))^2 = \pi$

  2. $\uppercase{\beta(1/2,1/2) = (\gamma(1/2))^2} = \pi$

  3. $\UTF{0392}(1/2,1/2) = (\UTF{0393}(1/2))^2 = \pi$

  4. $B(1/2,1/2) = (\Gamma(1/2))^2 = \pi$

  5. 1~4のいずれも不適切

  6. 1~5のいずれも適切


Q9

以下のコードから得られる出力はどれか。

※枠は出力には含まれない。

\begin{quote}

Hello \TeX!
Hello \TeX!

Hello \TeX!\\
Hello \TeX!% この下に2行空行

Hello \TeX!
\end{quote}

図4


Q10

\documentclass{book} の設定をもつLaTeX文書では章見出し(\chapter{Something})が左揃えで出力される。

図5

これを次のように右揃えで出力されるようにしたい。

図6

この場合の正しい方針はどれか。



  1. \raggedright を利用する


  2. \begin{flushright}~\end{flushright} を利用する


  3. \usepackage{geometry} を利用する


  4. \documentclass にオプション引数として [openright] を追加する


  5. \documentclass の引数を article から別のものに変える


  6. \expandafter音頭を夜通し踊り続ける



答えあわせ

いかがでしたか? 楽勝で満点確実、でしたね。だけど一応、完答できたかを確認しておきましょう。次のようなLaTeX文書を作ります。

\documentclass{article}

\begin{document}
% 引数に"Q1~Q10の回答の番号を並べた10桁の数字"
\pdfmdfivesum{6666666666}
\end{document}

これをpdfLaTeXでコンパイルして次の出力が得られればオッケーです!

E394D353A8067671DDDEC726F1D054C8<br>
<br />1

※pdfTeXが古い場合、\pdfmdfivesumが使えないようです。これは単にMD5ハッシュ値を求める機能なので、他のサイトやツールでMD5を求めることで代用できます。(改行を含めずに10文字だけ入力してください。)