Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

これからの時代はLaTeXを回転させよう!

More than 3 years have passed since last update.

どうやら、Qiitaは回らなくなってしまったようです。まあ、もともとバグみたいな挙動だったので仕方の無いところでしょう。

しかし、だからといって、技術文書が全く回らない世の中、というのも味気ないことこの上ありません。

……というわけで、LaTeXでテキストを回転させるパッケージを作ってみました。

これを使うと、以下のような“fa-spinするPDF文書”がLaTeXで簡単に作成できます。

sample1.gif

※Adobe Reader(などのAdobe製品)でPDFを閲覧する必要があります。

tcfaspinパッケージの使い方

パッケージの読込はいつも通りです。ドライバオプションが必要です。

\usepackage{tcfaspin}% PDF出力エンジンの場合
\usepackage[dvipdfmx]{tcfaspin}% dvipdfmxを使う場合
\usepackage[dvips]{tcfaspin}% dvipsを使う場合

dvipdfmxdvipsのドライバオプションはグローバルオプション(\documentclassのオプション)として指定することも可能です。以下の例ではこちらの方式を用います。

その上で、本文中で \faSpin{<テキスト>} と書くと、引数のテキストが回転します。引数の中にはインラインの1テキストや数式であれば何でも書くことができます。

例えば、先の図の文書のソースは以下の通りです。

% pLaTeX + dvipdfmx
\documentclass[dvipdfmx,a4paper]{jsarticle}
\usepackage{tcfaspin}
\begin{document}
{\TeX}\faSpin{アレ}ですか?
\par\bigskip
いいえ、{\TeX}\faSpin{アレ\faSpin{アレ\faSpin{アレ\faSpin{アレ}}}}です。
\end{document}

※この例で判るように、\faSpin はネストすることが可能です。

※tcfaspinを使う場合、コンパイルを2回以上行う必要があります。

イロイロ回してみた

せっかくLaTeXを使っているので、ゆきだるま☃を回しましょう。

% pLaTeX + dvipdfmx
\documentclass[dvipdfmx,a4paper]{jsarticle}
\usepackage{tcfaspin}
\usepackage{scsnowman}% ゆきだるま!
\begin{document}
私は\scsnowman[muffler=red,hat,arms,snow,scale=1.5]よりも
\faSpin{\scsnowman[muffler=red,hat,arms,snow,scale=1.5]}の
方が好きです。
\end{document}
\end{document}

sample2.gif

英語のテキストも回せます。

% pdfLaTeX
\documentclass[a4paper]{article}
\usepackage{tcfaspin}
\begin{document}
\faSpin{Stop the world, I want to \faSpin{get off.}}
\end{document}

sample5.gif

ギリシャ語だって回せます。

% pdfLaTeX; UTF-8
\documentclass[a4paper]{article}
\usepackage[utf8]{inputenc}
\usepackage[greek.polutoniko]{babel}% ギリシャ語したい
\usepackage{tcfaspin}
\begin{document}
\faSpin{Τὰ πάντα ῥεῖ καὶ \faSpin{οὐδὲν μένει.}}
\end{document}

sample6.gif

数式を回すのを忘れてはいけません。

% platex + dvipdfmx
\documentclass[dvipdfmx,a4paper]{jsarticle}
\usepackage{tcfaspin}
\usepackage{amsmath}
\newcommand*\SpinDisplay[1]{\faSpin{$\displaystyle #1$}}
\begin{document}
\[
  \SpinDisplay{\left( \int_0^\infty \frac{\sin x}{\sqrt x}\,\mathrm{d}x \right)^2 =
  \SpinDisplay{\prod_{k=1}^\infty \frac{4k^2}{4k^2-1} \neq
  \SpinDisplay{\frac{\pi}{2017}}}}
\]
\end{document}

sample4.gif

もちろん、寿司:sushi:を回すこともできます。

% upLaTeX + dvipdfmx; UTF-8
\documentclass[uplatex,dvipdfmx,a4paper]{jsarticle}
\usepackage{tcfaspin}
\usepackage{bxcoloremoji}% 🍣したい
\begin{document}
私は\coloremoji{🍣}よりも
\faSpin{\coloremoji{🍣}}の方が好きです。
\end{document}

sample3.gif

まとめ

Qiitaを回す時代は終わりました。これからはLaTeXをドンドン回しましょう!


  1. つまり、改行や改段落を含まないもの。 

zr_tex8r
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away