Help us understand the problem. What is going on with this article?

さくらレンタルサーバーとSourceTreeでGit環境構築

More than 3 years have passed since last update.

GitでPrivateなリモートリポジトリを作ってプロジェクトのバックアップ&バージョン管理をしたい!
でもなるべくコストはかけたくない!

ということで以前から借りていたさくらレンタルサーバーにリモートリポジトリを作成し、GitクライアントのSourceTreeを使ったバージョン管理環境を作成しました。

まず準備

さくらレンタルサーバーのスタンダード(月額515円)以上のプランを契約します。
ライトだとsshが使えないのでダメです。

SourceTreeもダウンロードしておきます。

SourceTreeでローカルリポジトリ作成

ポチポチっとディレクトリを指定するだけで簡単です。
git3.png
空のディレクトリを作って始めても良いし、作成済みプロジェクトのディレクトリを指定してもOKです。
git2.png
これでgit_testという名前のローカルリポジトリが作成できました。
git4.png

ローカルでのバージョン管理であればこれだけでOKですが、リモートへのプッシュはまだできません。
git11.png

レンタルサーバーにリモートリポジトリを作成

ターミナルなどを使い、sshでレンタルサーバーに接続します。
[アカウント名]の部分はレンタルサーバーのアカウント名になります。

$ ssh アカウント名@アカウント名.sakura.ne.jp

今後増えるであろうリポジトリを格納するディレクリを作成しておきます。

$ mkdir /home/アカウント名/git

Gitはデフォルトでインストールされていたので、リポジトリ作成コマンドでgit_testという名前のリポジトリを作成します。

$ git init --bare /home/アカウント名/git/git_test.git

これでリモートリポジトリも準備OKです。

SourceTreeからリモートリポジトリに接続

リポジトリ > リモートを追加
git6.png

URL/パスに
ssh://アカウント名@アカウント名.sakura.ne.jp/home/アカウント名/git/git_test.git
と入力してOK。
git7.png

これで、ローカルでのコミットをリモートにもプッシュできるようになりました。
git10.png

最後に

今回はたまたま暇そうにしているレンタルサーバーが居たので活用してみましたが、個人で安くPrivateなリモートリポジトリが欲しいだけであれば、Bitbucketを使ったほうが良いんじゃないかなと思います。

drecom-inc
Drecom with entertainment として発明を産み続け、人々の期待を超えるサービスを提供することを目的とした会社です。
https://www.drecom.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした