1. はじめに

IFTTT(イフト)をつかって、スマートスピーカ(Amazon Echo、Google Home)と連携させることで、かんたんに音声操作でいろいろなことが実現できます。今回は、音声操作で実現する、かんたんな勤怠管理PoC(概念実証)をつくってみました。

みなさんの上司に、音声アシスタントの将来性をプレゼンテーションするには、よい例だと思いますので、ぜひ、参考にしてください。

今回は、Amazon Alexaを対象にしていますが、Googleアシスタント(GoogleHome)でも同様に作成可能ですので、ぜひ、お試しあれ。

1-1. この記事を読んでできること

  • IFTTT(イフト)とAmazon Alexa(Amazon Echo)を利用し、出退勤記録を声のみで実現する。

1-2. 事前注意

  • とくにつまづきポイントは無いかと思っています。不明点があれば、コメント欄への投稿のご協力をお願いいたします。

2. 必要なもの

2-1. デバイス編

  • Amazon Alexaが操作できるデバイスとして、以下のいずれかをご用意ください。
  1. Amazon Echo
  2. スマートフォン&Amazon Musicアプリ&Amazon Alexaアプリ
  3. タブレット&Amazon Musicアプリ&Amazon Alexaアプリ)

※Amazon Echoをお持ちでなくても、スマートフォンまたはタブレットをお持ちであれば、Amazon Musicアプリから、Alexaを利用することができます。お試しあれ。

2-2. アカウント編

  • IFTTTアカウント(GoogleアカウントまたはFacebookアカウントでご利用いただけます。)
  • Amazon.co.jpアカウント(Amazon Alexaで利用)
  • Googleアカウント(勤怠記録用にGoogle Sheetsを利用)

3. セットアップ手順

3-1. IFTTTにログインする。

  • お好みのアカウントでログインしてください。▼ スクリーンショット (245).png

3-2. サービスをコネクトする。

  • 画面上部メニューの「Search」をクリックし、検索キーワードに「amazon」を入力検索後、検索結果のServicesから「Amazon Alexa」をクリックする。▼
  • コネクト画面に遷移するので、「connect」ボタンをクリックし、サービスをコネクトする。
  • 同様に、Searchから「google sheets」を検索し、「Google Sheets」サービスともコネクトする。 スクリーンショット (247).png

3-3. アップレットの新規作成

  • 画面上部メニューの「My Applets」をクリックし、「New Applet」をクリックする。▼

スクリーンショット (248).png

3-4. thisの追加

  • 「+ this」をクリックする。▼

スクリーンショット (249).png

3-5. サービスの選択

  • 「alexa」を検索し、「Amazon Alexa」をクリックする。▼ スクリーンショット (250).png

3-6. トリガーの選択

  • 表示されたトリガーから「Say a specific phrase」を選択する。▼ スクリーンショット (251).png

3-7. トリガーフレーズの設定

  • What phrase?に「出社」を入力し、「Create trigger」ボタンをクリックする。▼ スクリーンショット (252).png

3-8. thatの追加

  • 「+ that」をクリックする。▼

スクリーンショット (253).png

3-9. サービスの選択

  • 「google sheets」を検索し、「Google Sheets」をクリックする。▼ スクリーンショット (254).png

3-10. トリガーの選択

  • 表示されたトリガーから「Add row to spreadsheet」を選択する。▼ スクリーンショット (255).png

3-11. アクションを作成

  • とりあえず、このまま、「Create action」ボタンをクリックする。▼
  • あとで、「Formatted row」は、ひと工夫する予定。 スクリーンショット (257).png

3-12. アクションをフィニッシュする

  • とりあえず、このまま、「Finish」ボタンをクリックする。▼ スクリーンショット (259).png

3-13. 声で出社を記録する。

  • Amazon Alexaが利用できるデバイス(Amazon Echo もしくは スマートフォンのAmazon Musicアプリ内のAlexa)に対し、『アレクサ、出社 を トリガー』とさけぶ!
  • このとき、アレクサから「イフトに送信します。」と応答があれば、ぶじ、成功。
  • もし、アレクサから「すみません、その、イフトトリガー が見つかりません。」と応答があった場合は、Alexaデバイスに対し、『アレクサ、トリガー 出社』とさけんでみる。
  • これでもだめな方は、Alexaアプリの 設定 → 履歴 から、Alexaが言葉をどのように認識したか、確認し、必要に応じて対応してください。

3-14. Googleドライブを開く。

スクリーンショット (260).png

3-15. Google Sheetsを開く。

  • マイドライブから「Amazon Alexa」フォルダを選択し、「Amazon Alexa」ファイルを開く。▼ スクリーンショット (261).png

3-16. 出社記録を確認する。

  • 出社の証明となる、タイムスタンプが記録されていることを確認する。▼ スクリーンショット (262).png

3-17. 出力内容を改造する。

  • IFTTTの「My Applets」から、今回作成したアプレットをクリックし、ギアアイコンから編集画面に入り、「Formatted row」の定義内容に、「出社」を書き加えて、「Save」ボタンをクリックする。 スクリーンショット (264).png

3-18. ふたたび、出社をさけぶ!

  • Amazon Alexaが利用できるデバイス(Amazon Echo もしくは スマートフォンのAmazon Musicアプリ内のAlexa)に対し、『アレクサ、出社 を トリガー』とさけぶ!
  • このとき、アレクサから「イフトに送信します。」と応答があれば、ぶじ、成功。
  • もし、アレクサから「すみません、その、イフトトリガー が見つかりません。」と応答があった場合は、Alexaデバイスに対し、『アレクサ、トリガー 出社』とさけんでみる。
  • これでもだめな方は、Alexaアプリの 設定 → 履歴 から、Alexaが言葉をどのように認識したか、確認し、必要に応じて対応してください。

3-19. 出社記録を確認する。

  • 出社の証明となる、タイムスタンプが記録されていることを確認する。▼
  • 工夫すれば、退社も記録できるようになる。(各自、けんとうをいのる。)▼ スクリーンショット (265).png

スクリーンショット (266).png

4. おわりに

いかがでしたでしょうか?意外とかんたんに、声でスマートスピーカ(Alexa)を操作する方法が、おわかりになったかとおもいます。
同等の手順で、Googleアシスタントでも、同様に出退勤管理簿をつけることができますので、試してみてください。
今回は、Google Sheetsへの書き込みをおこないましたが、出力先を工夫すれば、可能性は無限大です。ぜひ、自分なりの楽しみ方を、スマートスピーカで実現してみてください。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.