Help us understand the problem. What is going on with this article?

Alexaスキル開発におけるディレクトリおよびファイル構成図

More than 1 year has passed since last update.

Alexaスキル開発におけるディレクトリおよびファイル構成図

by zono_0
1 / 9

1. はじめに


参考文献

今回の『Alexaスキル開発におけるディレクトリおよびファイル構成図』は、2018年11月2日(金)にアマゾン目黒新オフィスにて開催された『Alexaハンズオントレーニング(中級)』で紹介された『ファイル構成』をまとめ直したものとなります。


このスライドを見てできること

  • Alexaスキルを askコマンド(ask-cli)を利用し開発する際のディレクトリおよびファイル構成図を理解できるようになる。

2. Alexaスキル構成


Alexaスキル構成

  • プロジェクト名:hello-world
ディレクトリおよびファイル構成図
hello-world/
  ├─ lambda/
  │  └─ custom/
  │     ├─ node_modules/
  │     ├─ index.js
  │     ├─ package.json
  │     └─ package-lock.json
  ├─ model/
  │  └─ ja-JP.json
  └─ skill.json

各種役割

名称 役割
lambda プログラムフォルダ
node_modules 使用するNodeライブラリ
index.js 音声プログラム本体
package.json 使用するライブラリ定義
package.json ライブラリ依存関係定義
models Alexaスキルフォルダ
ja-JP.json インテント、スロット
skill.json スキル公開情報定義など

3. おわりに


おわりに

みなさん、Alexaスキル開発におけるディレクトリおよびファイル構成図はいかがでしたか?ちゃくちゃくとAlexaスキルの機能がアップデートされていくなか、数多くのAlexaスキルを開発していくと、ファイル管理がおろそかになることもあるかもしれません。みなさんの開発環境の整理に、すこしでもお役にたてば幸いです。
メリークリスマス!(Qiita Advent Calendar 2018)

2018/12/21 TAKAHIRO NISHIZONO

zono_0
( ɵ̷̥̥᷄ .̠ ɵ̷̥̥᷅ ) バイク:Vストローム250 パソコン:Ryzen 2700x カメラ:PENTAX K-r 派 動画編集:DaVinci Resolve 15 Qiita:http://qiita.com/zono_0 川崎市近郊バイクツーリングマップ:http://bit.ly/2GGMc9J
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした