Edited at
RubyDay 6

rubylang/all-ruby で ruby の全リリースの挙動を確かめる

Ruby Advent Calendar 2018 の 6 日目の記事です。

同じ内容で blog にも投稿 しています。

docker hub に rubylang/all-ruby というイメージがあって、 ruby の全リリースバージョンの挙動を確かめることができます。


ダウンロード

docker をインストールして使えるようにした後、普通に docker pull rubylang/all-ruby であらかじめダウンロードするか、初回実行時の自動ダウンロードに任せるかします。

Tags だと 3 GB と書いてありますが、手元のイメージを確認してみたところ、 10.2GB もあったので、ネットワークがしっかりしているところでダウンロードする方が良いでしょう。

% docker images | grep rubylang/all-ruby

rubylang/all-ruby latest d6f0f07f0df6 4 weeks ago 10.3GB


実行例

./all-ruby コマンドで全てのリリースバージョンで実行して、実行結果が同じものはまとめて出力されます。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'print("hello\n")'

ruby-0.49 hello
...
ruby-2.6.0-preview2 hello

出力が違う場合は別々に出てきますが、 pid などの違いはまとめられます。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'p "hello"'

ruby-0.49 -e:1: syntax error
#<Process::Status: pid 7 exit 1>
ruby-0.50 -e:1: syntax error
#<Process::Status: pid 8 exit 1>
ruby-0.51 -e:1: undefined method `p' for "main"(Object)
#<Process::Status: pid 9 exit 1>
ruby-0.54 -e:1:in method `p': undefined method `p' for "main"(Object)
#<Process::Status: pid 10 exit 1>
ruby-0.55 -e:1: undefined method `p' for "main"(Object)
#<Process::Status: pid 11 exit 1>
...
ruby-0.76 -e:1: undefined method `p' for "main"(Object)
#<Process::Status: pid 20 exit 1>
ruby-0.95 -e:1: undefined method `p' for main(Object)
#<Process::Status: pid 21 exit 1>
ruby-0.99.4-961224 "hello"
...
ruby-2.6.0-preview2 "hello"


バージョンによる違いの例


Time#to_s

何度か書式が変わっていることがわかります。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'print(Time.at(0))'

ruby-0.49 Thu Jan 01 00:00:00 UTC 1970
...
ruby-1.8.5-preview2 Thu Jan 01 00:00:00 UTC 1970
ruby-1.8.5-preview3 Thu Jan 01 00:00:00 +0000 1970
...
ruby-1.8.5-p231 Thu Jan 01 00:00:00 +0000 1970
ruby-1.8.6-preview1 Thu, Jan 01 1970 00:00:00 +0000
...
ruby-1.8.6-preview3 Thu, Jan 01 1970 00:00:00 +0000
ruby-1.8.6 Thu Jan 01 00:00:00 +0000 1970
...
ruby-1.8.7-p374 Thu Jan 01 00:00:00 +0000 1970
ruby-1.9.0-0 1970-01-01 00:00:00 +0000
...
ruby-2.6.0-preview2 1970-01-01 00:00:00 +0000


Array#filter

2.6 で追加されたメソッドが Array#filterがなかった をみて昔あったということを気づけたので確認してみたところ、 1.6 までの挙動と違う挙動で 2.6 に追加されていることがわかりました。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'a=[1,2]; p a.filter{|x|x+1}'

(略)
ruby-1.1b7 [2, 3]
...
ruby-1.4.6 [2, 3]
ruby-1.6.0 -e:1: warning: Array#filter is deprecated; use Array#collect!
[2, 3]
...
ruby-1.6.8 -e:1: warning: Array#filter is deprecated; use Array#collect!
[2, 3]
ruby-1.8.0 -e:1: undefined method `filter' for [1, 2]:Array (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 142 exit 1>
...
ruby-1.8.7-p374 -e:1: undefined method `filter' for [1, 2]:Array (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 216 exit 1>
ruby-1.9.0-0 -e:1:in `<main>': undefined method `filter' for [1, 2]:Array (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 217 exit 1>
...
ruby-2.6.0-preview1 -e:1:in `<main>': undefined method `filter' for [1, 2]:Array (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 459 exit 1>
ruby-2.6.0-preview2 [1, 2]


nil の object_id

最初は 0 だったのがだんだん大きくなっていったようです。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'print(nil.id)'

ruby-0.49 0
...
ruby-0.95 0
ruby-0.99.4-961224 2
...
ruby-1.1a5 2
ruby-1.1a6 4
...
ruby-1.8.2-preview3 4
ruby-1.8.2-preview4 -e:1: warning: Object#id will be deprecated; use Object#object_id
4
...
ruby-1.8.7-p374 -e:1: warning: Object#id will be deprecated; use Object#object_id
4
ruby-1.9.0-0 -e:1:in `<main>': undefined method `id' for nil:NilClass (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 217 exit 1>
...
ruby-2.6.0-preview2 -e:1:in `<main>': undefined method `id' for nil:NilClass (NoMethodError)
#<Process::Status: pid 461 exit 1>
% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby -e 'print(nil.object_id)'
(略)
ruby-1.6.8 -e:1: undefined method `object_id' for nil (NameError)
#<Process::Status: pid 142 exit 1>
ruby-1.8.0 4
...
ruby-1.9.3-p551 4
ruby-2.0.0-preview1 8
...
ruby-2.6.0-preview2 8


その他

docker run -it --rm rubylang/all-ruby /bin/bash で中に入って色々と調べることができます。


ヘルプ

引数なしで ./all-ruby を実行すると usage がでてきます。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby ./all-ruby

usage: all-ruby RUBY-ARGS
environment variables:
ALL_RUBY_SINCE=ruby-1.4
ALL_RUBY_SHOW_DUP=yes
ALL_RUBY_BINS='ruby-2.1.10 ruby-2.2.10 ruby-2.3.7 ruby-2.4.4 ruby-2.5.1'
ALL_RUBY_ADDBINS=./ruby space-separated binaries to be run

docker run -it --rm rubylang/all-ruby -h のようなオプション指定は、その引数で ruby を実行するという意味になるので、 all-ruby 自体のオプションとしては扱わないようです。


環境変数指定

env コマンドを使って環境変数を設定して all-ruby を実行すると、例えば ruby 1.4.0 以降のみで実行などができるようです。

% docker run -it --rm rubylang/all-ruby env ALL_RUBY_SINCE=ruby-1.4 ./all-ruby -e 'p "hello"'

ruby-1.4.0 "hello"
...
ruby-2.6.0-preview2 "hello"


まとめ

複数の ruby のリリースバージョンの動作をまとめて確認できる docker イメージの rubylang/all-ruby を紹介しました。

サイズが大きいのでディスクに余裕のある環境だけに入れて、常用できるようにしておくと歴史的な調査などに便利です。