Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi 4 と Momo (Ayame Lite) でWebRTC 配信してみる

はじめに

Raspberry Pi 4 と Momo (Ayame Lite) でWebRTC配信します。
ウソ穴 のWeb版で使用させて頂きたくて、使い方を調べました。

参考

こちらのサイトの情報を参考にさせて頂きました(ほぼそのまま使わせて頂きました)

概要図

概要は(多分)こんな感じです。

カメラについて

Raspberry Pi 4 に接続したカメラはこちら

参照元

構築

では、作っていきます。ラズパイにssh接続してコマンドベースで構築していきます。

momo-19.12.1_raspbian-buster_armv7.tar.gz ダウンロードします

$ wget https://github.com/shiguredo/momo/releases/download/19.12.1/momo-19.12.1_raspbian-buster_armv7.tar.gz

ダウンロードしたファイルを解凍します

$ tar -zxvf momo-19.12.1_raspbian-buster_armv7.tar.gz

はい、これで準備完了(はやっ!)

起動

では、さっそく起動します

$ cd momo-19.12.1_raspbian-buster_armv7/
$ pwd
/home/xxx/momo-19.12.1_raspbian-buster_armv7
$ ls
LICENSE  NOTICE  html  momo
$ ./momo --no-audio ayame wss://ayame-lite.shiguredo.jp/signaling momo-ayame-00000001

momo-ayame-00000001 はルームIDです。任意の文字列を指定できます。

はい、起動しました(はやっ! 2回目)

動作確認

Windows10で、以下のサイトをブラウザで開き Momoからの映像を確認します。
https://openayame.github.io/ayame-web-sdk-samples/recvonly.html?roomId=momo-ayame-00000001

ルームIDを起動時と同じ文字列(今回はmomo-ayame-00000001)にして、接続ボタンを押し、映像が表示されたら成功です。(クライアントIDは変更なしでOK)

注意

ayameは、WebRTCでP2Pの通信を行うためのシグナリングサーバなので、配信映像を複数で受信はできません(Momoの別機能で実現できるみたいです)

おまけ

recvonly.htmlを自サイトに置きたい場合は、以下から取得します。
https://github.com/OpenAyame/ayame-web-sdk-samples

ここから、以下2つを自作Webサーバーに置けば動きます。

  • recvonly.html
  • main.js

さいごに

セットアップが簡単でびっくりしました。映像も遅延がほぼ無くて、体感的にはほとんど遅延をかんじませんでした。すごい

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした