Git で過去の Commit に一時的に戻り、作業後、また最新のCommitを復活させる

  • 17
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Mercurial だと hg update -r チェンジセットID で済むんだが、Git ではどうすればいいんだろう。

ググったところ、git checkout コミット名 でいいらしい。

ただ、そのままやると、git logで最近のコミットが見えなくなってしまうので、焦る焦る焦る焦る焦る焦る、お前ら焦らないか、俺は焦った。
(いや、一応 bitbucket にバックアップは取っているが、最新Commitについては自信がなかったのだ)

だが、実は一時的な無名ブランチが作られて、そっちへ切り替わっているだけのようだ。

$ git branch
* (detached from 5624b10)
  master

git checkout master したら、この一時ブランチも消えて、元に戻った。

$ git branch
* master