Help us understand the problem. What is going on with this article?

nyagos で lua53.dll のかわりに GopherLua を使おう

More than 1 year has passed since last update.

Using GopherLua instead of lua53.dll · Issue #300 · zetamatta/nyagos

lua53.dll にはいくつか問題があります。

  • MinGW gcc 6 でビルドされた lua53.dll は LIBGCC_S_DW2-1.DLL を必要とします。
    • luaBinaries でダウンロードできる lua53.dll は MinGW gcc 4 や Visual C++ でビルドされているようです。
    • GCC のstatic-linkオプションは、EXEファイルのビルドにおいて働くもので、DLL のビルドには効きません。
  • appveyor での自動ビルド時、luaBinaries から lua53.dll をダウンロードしていますが、度々失敗しています。

また、nyagos で lua53.dll を用いたサードパーティライブラリも滅多に必要とされないようです。

ならば、lua53.dll のかわりに GopherLua を使うべきではないでしょうか。
計画は始まっています。


ということで NYAGOS は今、Lua エンジンを lua53.dll から GopherLua へ切り替え中です。(完成したら NYAGOS 4.3 になるでしょう)

仕掛中のソースは develop ブランチの https://github.com/zetamatta/nyagos/tree/develop/gopherSh 以下にぶら下がっています。エンジン自体は既に GopherLua に変わっていますが、幾つかの機能(補完のフックと、OLE呼び出し)の移植が済んでいません。進捗的には 2018年5月の連休までにα版がリリースできたらいいなというところです。

ご期待ください
(また、別途、lua53.dll と GopherLua の使い勝手の違いもリポートします)

zetamatta
「趣味で Go 言語を書いているものだ」
https://github.com/zetamatta
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away