Edited at

Ubuntu 18.04 LTSで固定IPアドレスの設定

More than 1 year has passed since last update.

Ubuntu 18.04 LTS Serverでの固定IPアドレス設定。

17.10から、IPアドレスの変更が/etc/network/interfacesをいじる方式から変更になっているのでメモ。


IPアドレス変更

/etc/netplan/50-cloud-init.yamlを編集しIPアドレスを設定します。

以下は設定例。

設定ファイルのパスは、

Live CDからインストールした場合は/etc/netplan/50-cloud-init.yaml

mini.isoからインストールした場合は/etc/netplan/01-netcfg.yaml

# This file is generated from information provided by

# the datasource. Changes to it will not persist across an instance.
# To disable cloud-init's network configuration capabilities, write a file
# /etc/cloud/cloud.cfg.d/99-disable-network-config.cfg with the following:
# network: {config: disabled}
network:
version: 2
renderer: networkd
ethernets:
enp0s3:
dhcp4: no
dhcp6: no
addresses: [192.168.1.70/24]
gateway4: 192.168.1.1
nameservers:
addresses: [192.168.1.1, 8.8.8.8, 8.8.4.4]


IPアドレス設定変更の反映

netplan applyを実行して反映します。再起動不要です。

loginuser@localhost:~$ sudo netplan apply


IPアドレスの確認

ifconfigコマンドがデフォルトでインストールされなくなったので、ipコマンドで確認。

loginuser@localhost:~$ ip addr


参考

CONFIGURE STATIC IP ADDRESSES ON UBUNTU 18.04 LTS SERVER