Help us understand the problem. What is going on with this article?

Docker Swarm: ディスカバリ

More than 5 years have passed since last update.

ディスカバリ

原文:https://docs.docker.com/swarm/discovery/

Docker Swam は複数のディスカバリ・バックエンドと連携します。

バックエンド

Docker Hub によるホステッド・ディスカバリ

始めにクラスタを作成します。

# クラスタの作成
$ swarm create
6856663cdefdec325839a4b7e1de38e8 # <- this is your unique <cluster_id>

次に、各ノードを作成しクラスターに加えます。

# 各ノードで Swam エージェントを起動します。
# Swam Manager がアクセス可能であれば、
# <node_ip> はパブリックである必要はありません(例:192.168.0.x)。
$ swarm join --advertise=<node_ip:2375> token://<cluster_id>

最後に、Swam Manager を起動します。これは自分のノート PC だけでなく、あらゆるマシン上で実行できます。

docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> info
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> logs ...
...

また、クラスタのノード情報一覧も表示できます。

swarm list token://<cluster_id>
<node_ip:2375>

静的なファイルでクラスタを指定する

各ノード上で、ファイルに行を追加します。ノード IP アドレスは Swam Manager がアクセス可能であれば、パブリックである必要はありません。

echo <node_ip1:2375> >> /tmp/my_cluster
echo <node_ip2:2375> >> /tmp/my_cluster
echo <node_ip3:2375> >> /tmp/my_cluster

それから Swam Manager をマシン上で起動します。

swarm manage -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> file:///tmp/my_cluster

あとは一般的な Docker コマンドを使います。

docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> info
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> logs ...
...

クラスタ上のノード一覧を表示できます。

$ swarm list file:///tmp/my_cluster
<node_ip1:2375>
<node_ip2:2375>
<node_ip3:2375>

etcd を使う

各ノードで Swam エージェントを起動します。ノード IP アドレスは Swam Manager がアクセス可能であれば、パブリックである必要はありません。

swarm join --advertise=<node_ip:2375> etcd://<etcd_addr1>,<etcd_addr2>/<optional path prefix>

マシンやノート PC 上で Manager を起動します。

swarm manage -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> etcd://<etcd_addr1>,<etcd_addr2>/<optional path prefix>

あとは通常の Docker コマンドを使います。

docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> info
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> logs ...
...

クラスタ内のノード情報一覧を表示できます。

swarm list etcd://<etcd_addr1>,<etcd_addr2>/<optional path prefix>
<node_ip:2375>

Consul を使う

各ノードで Swam エージェントを起動します。ノード IP アドレスは Swam Manager がアクセス可能であれば、パブリックである必要はありません。

swarm join --advertise=<node_ip:2375> consul://<consul_addr>/<optional path prefix>

マシンやノート PC 上で Manager を起動します。

swarm manage -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> consul://<consul_addr>/<optional path prefix>

あとは通常の Docker コマンドを使います。

docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> info
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> logs ...
...

クラスタ内のノード情報一覧を表示できます。

swarm list consul://<consul_addr>/<optional path prefix>
<node_ip:2375>

zookeeper を使う

各ノードで Swam エージェントを起動します。ノード IP アドレスは Swam Manager がアクセス可能であれば、パブリックである必要はありません。

swarm join --advertise=<node_ip:2375> zk://<zookeeper_addr1>,<zookeeper_addr2>/<optional path prefix>

マシンやノート PC 上で Manager を起動します。

swarm manage -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> zk://<zookeeper_addr1>,<zookeeper_addr2>/<optional path prefix>

あとは通常の Docker コマンドを使います。

docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> info
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> logs ...
...

クラスタ内のノード情報一覧を表示できます。

swarm list zk://<zookeeper_addr1>,<zookeeper_addr2>/<optional path prefix>
<node_ip:2375>

固定した IP アドレスのリストを使う

マシンやノート PC 上で Manager を起動します。

swarm manage -H <swarm_ip:swarm_port> nodes://<node_ip1:2375>,<node_ip2:2375>

あるいは

swarm manage -H <swarm_ip:swarm_port> <node_ip1:2375>,<node_ip2:2375>

あとは通常の Docker コマンドを使います。

docker -H <swarm_ip:swarm_port> info
docker -H <swarm_ip:swarm_port> run ...
docker -H <swarm_ip:swarm_port> ps
docker -H <swarm_ip:swarm_port> logs ...

IP アドレスの範囲をパターンで指定する

filenodes は、特定の IP アドレスの範囲をパターンで指定することで、ディスカバリをサポートします。例えば 10.0.0.[10:200]10.0.0.10 から 10.0.0.200 の範囲におけるノード情報を使います。

次の例は file ディスカバリ・メソッドを使います。

$ echo "10.0.0.[11:100]:2375"   >> /tmp/my_cluster
$ echo "10.0.1.[15:20]:2375"    >> /tmp/my_cluster
$ echo "192.168.1.2:[2:20]375"  >> /tmp/my_cluster

それから Manager を起動します。

swarm manage -H tcp://<swarm_ip:swarm_port> file:///tmp/my_cluster

そして nodes ディスカバリ・メソッドを追加します。

warm manage -H <swarm_ip:swarm_port> "nodes://10.0.0.[10:200]:2375,10.0.1.[2:250]:2375"

新しいディスカバリ・バックエンドに貢献する

あなたは Swam 向けに新しいディスカバリ・バックエンドに貢献できます。どのようにするかは、Docker Swarm レポジトリにある discovery README をお読みください。

sakura_internet
さくらレンタルサーバ、さくらのVPS、 さくらのクラウド、さくらの専用サーバなどのインターネットサービス・ITプラットフォームを提供しています。
https://www.sakura.ad.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした