Docker

Docker 1.11 リリース情報の要約

More than 3 years have passed since last update.


概要

Docker 社のブログに Docker 1.11 リリースに関する投稿があり、以下は、技術的な要素を要約したもの+各リリースノートへのリンク。参考程度にどうぞ。


Docker 1.11 のリリース


  • Docker Engine は runCcontainerd を基にして開発した(OCI準拠)初めてのリリース。

  • Docker が 昨年6月にコンテナ規格とランタイムを寄贈した成果。

  • containerd を去年12月に発表 し、Engine に取り込んだ初めてのリリース。

  • Docker Engine を使えば自動的に OCI に準拠するシステムを使うことになる。

  • コマンドラインや API に変更はない。これまで通り、ユーザは Docker Engine と通信する。

  • Engine は containerd と通信する。containerd はランタイムとして runC を使う。

docker111.png


  • containerd との統合により、Docker のコードがキレイになり、歴史的なバグも修正。

  • コンテナ作成時間が前よりも速くなり、将来的には更に改良。

  • runC は Open Containers Runtime specification(オープン・コンテナ・ランタイム仕様)に準拠する初の実装であり、Docker Engine の標準 executor (実行ランタイム)。

  • ランタイムは利用者の用途に応じて取り付け・取り外し可能。将来的には他の executor もサポート。

  • 更に詳細 https://blog.docker.com/2016/04/docker-containerd-integration/


Docker Engine 1.11 の機能


  • DNS ラウンドロビン負荷分散:Docker ネットワーク上でコンテナの負荷分散ができる。複数のコンテナを同じエイリアスで指定すると、Docker のサービスディスカバリがラウンドロビン DNS でアドレスを返す。

  • VLAN サポート(実験的):experimental 版で VLAN のサポート。

  • IPv6 サービス・ディスカバリ:AAAA レコードを返せるようになる。


  • Yubikey ハードウェア・イメージ署名をサポート

  • ネットワークとボリュームのラベル対応:コンテナやイメージ同様、キーバリュー形式でラベルを指定可能に。

  • device mapper 利用時、ディスク領域が少なくなった時の対処:オプション dm.min_free_space で完全に領域を圧迫する前に停止。

  • docker inspect に status フィールド:コンテナの状態を確認できる。

  • リリースノートに詳細 https://github.com/docker/docker/releases/tag/v1.11.0


Compose 1.7



  • docker-compose up--build オプション: docker-compose builddocker-compose up を1つに。必要に応じ、実行時に毎回最新版をビルドできる。


  • docker-compose exec コマンド: docker exec コマンドのミラーリング。

  • リリースノート https://github.com/docker/compose/releases/tag/1.7.0


Swarm 1.2


Machine 0.7


Registry 2.4


参考