Posted at

RubymineでVagrantのリモートgemを使う方法

More than 5 years have passed since last update.


アジェンダ

なぜかスムーズに行かなかったRubymineとVagrantのセットアップ

なので、メモとして残しておく


Vagrantのセットアップ


Box

自分で作成したものを使用。

GitHub

fainder / vagrant-rails-starter

Vagrant Cloud

fainder / ubuntu-rails-starter

vagrant upすると以下の内容でubuntuがセットアップされる


  • Ubuntu 14.04

  • Ruby 2.1.3


    • rbenv 0.4.0

    • ruby_build 20140919

    • rbenv-rehash

    • rbenv-gemset



  • Nodejs 0.10.32

  • Postgrsql 9.3.5

  • MySQL 14.14

  • Redis Server 2.8.15

  • Vim 7.4.52

  • Zsh 5.0.2


    • Oh-my-zsh or Prezto



ZshとPreztoをセットアップして、autocdを効かせたので捗る。

ここではRubymineの方のセットアップのために、予めbundleでgemをインストールしてみる。

vagrant sshし、cd /app/Project/で、bundle install


Gemfile

source 'https://rubygems.org'

gem 'rails'


railsがセットアップされることとする。


Rubymine

まずはProjectを作成せずにフォルダを開く。

rubymine-01.png

rubymine-02.png

Cmd + ,でPreferencesを開く。

Deploymentsを開き、以下を修正する。


Deployments


Connections

項目
内容

Type
SFTP

SFTP host
127.0.0.1

Port
vagrant ssh-configによる

User name
vagrant

Auth type
Key pair (OpenSSH)

rubymine-03.png


Mappings

ローカルのプロジェクトディレクトリとリモートのプロジェクトディレクトリをマッピングする。

rubymine-04.png


Ruby SDK and Gems

+を押し、New Remote...を選択

rubymine-05.png

Fill from deployment server settingsで読み込み。

Ruby interpreter pathを

~/.rbenv/version/**/bin/ruby

にすることが重要。

shimsではgemが読み込まれない。

OKを押すと、ローカルのRubymineキャッシュにGemがコピーされ、正常に動く。


はまった

リモートにrbenvを使っていたので、rbenv仮想(?)のshimsの方のパスを選んでいてはまった。

元となるversionsの方を選ぶと、正常にRubymineが動いてくれた。