Linux
crontab

【Linux】crontabの使い方

crontabとは

コマンドを指定したタイミングで実行する機能です。
指定した日時での実行だけでなく、一定間隔で実行することもできます。

コマンド

crontabが動作しているかを確認

service crond status

crontabを起動

service crond start

crontabの設定

crontab [ -u ユーザ名 ] { -l | -r | -e }

・-l:設定内容を一覧で表示
・-r:設定を全て消去 ※編集時のオプションeの隣のキーなのでタイプミスに注意
・-e:編集

設定方法(書式)

[分] [時] [日] [月] [曜日] [コマンド]

項目 定義域
0-59
0-23
1-31
1-12
曜日 0-6  *0=日曜 *環境によっては7=日曜も使用可

実行タイミングの指定方法

書式 意味
範囲 x-y xからyまで実行
複数 x, y, z xとyとzに実行
間隔 */x x間隔で実行

設定例

月曜日~金曜日、1分間隔で/home/user/sample.jarを実行する。

*/1 * * * 1-5 /usr/bin/java -jar /home/user/sample.jar

ログの確認

/var/log/cronにcronの実行結果のログが出力されています。

cat /var/log/cron